Books

  • 岡田美智男:私たちと音声(5.1節担当)、定延利之編著:『私たちの日本語研究 問題のありかと研究のあり方』、朝倉書店(2015).
  • 岡田美智男:言い直し、言い淀みのすすめ、神吉宇一編著:『日本語教育学のデザイン』、凡人社(2015).
  • 岡田美智男:コミュニケーション技術、『今後の高齢化社会に求められる生活支援(福祉・介護・リハビリ)ロボット技術』(2015).
  • 岡田美智男:弱いロボット、『今後の高齢化社会に求められる生活支援(福祉・介護・リハビリ)ロボット技術』(2015).

Journals

  • 蔵田洋平、松下仁美、小田原雄紀、大島直樹、デシルバ ラビンドラ、岡田美智男:Talking-Ally: 聞き手性をリソースとする発話生成システムの実現にむけて、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.17, No.2, pp.159-170 (2015/5).
  • 野坂竜也、深町建太、竹田泰隆、デシルバ ラビンドラ、岡田美智男:一緒に散歩するロボット「マコのて」における手を握りあうことの効果について、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.17, No.2, pp.191-200 (2015/5).
  • Khaoula Youssef, Takahiro Asano, P . Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: Sociable Dining Table: Meaning Acquisition Exploration in Knock-Based Proto-Communication, International Journal of Social Robotics, Volume 8, Issue 1, pp 67-84, Springer Netherlands (January 2016).

International Conferences

  • Yasutaka Takeda, Shotaro Baba, P. Ravindra S De Silva, and Michio Okada: COLUMN: Discovering the User Invented Behaviors Through the Interpersonal Coordination , Proc. of The 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2015), pp. 787-796, Los Angeles, CA-USA, 2-7 August (2015) .
  • Nihan Karatas, Soshi Yoshikawa, P. Ravindra S. De Silva and Michio Okada: NAMIDA: Multiparty Conversation Based Driving Agents in Futuristic Vehicle, Proc. of The 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2014), pp. 198-207, Los Angeles, CA-USA, 2-7 August (2015) .
  • Marlena R. Fraune, Satoru Kawakami, P. Ravindra S De Silva, Michio Okada, Selma Sabanovic: Three’s company, or a crowd?: The effects of robot number and behavior on HRI in Japan and the USA, International Conference on Robotics Science and System (RSS2015), pp. ??-??, Rome, Italy, July 13-17,2015.
  • Hitomi Matsushita, Yohei Kurata, P. Ravindra S De Silva, and Michio Okada: Talking-Ally: What is the Future of Robot’s Utterance Generation? The 24th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2015), pp. 291-296, Kobe International Conference Center, Kobe, Japan, August 31 to Sep 4, 2015.
  • Youssef Khaoula, P. Ravindra S De Silva and Michio Okada:SDT: Maintaining the Communication Protocol Through Mixed Feedback Strategies, International Conference on Social Robotics (ICSR2015), Paris, France, pp. 348-358, October 26-30, 2015.
  • Youssef Khaoula, P. Ravindra S De Silva and Michio Okada:Exploring the Four Social Bonds Evolvement for an Accompanying Minimally Designed Robot, International Conference on Social Robotics (ICSR2015), Paris, France, pp. 337-347, October 26-30, 2015.
  • Nihan Karatas, Soshi Yoshikawa, P. Ravindra De Silva, Michio Okada:NAMIDA: How to Reduce the Cognitive Workload of Driver, Human-Robot Interaction (HRI2016), Christchurch, New Zealand, pp. 449-450, March 7-10, 2016.

Domestic Conferences

  • 吉見 健太, 山際 康貴, 西脇 裕作, P. Ravindra S. De Silva, 岡田 美智男:多人数会話に基づくソーシャルインタフェースにおける会話調整について, ヒューマンインタフェースシンポジウム2015 DVD-ROM論文集, pp.689-692(2015).
  • 山本 孝友, 松下 仁美, P.Ravindra S. De Silva, 岡田 美智男:関係論的な発話生成システムにおける学びの双対性について, ヒューマンインタフェースシンポジウム2015 DVD-ROM論文集, pp.699-702 (2015).
  • 古川真杉, P.Ravindra S. De Silva, 岡田美智男:i-Bones:コミュニケーションにおける子供が行うロボットの行為に対する意味付けについて, ヒューマンインタフェースシンポジウム2015 DVD-ROM論文集, pp.703-706 (2015).
  • 新保智喝, 吉川宗志, P.Ravindra S. De Silva, 岡田美智男:MoCoMo?:多声性, 宛名性, 対話性を考慮する情報アーキテクチャについて, ヒューマンインタフェースシンポジウム2015 DVD-ROM論文集, pp.743-746 (2015).
  • 吉川 宗志, Nihan Karatas, P.Ravindra S. De Silva, 岡田 美智男:多人数会話型ドライビングエージェントとそのパースエイシブネス, ヒューマンインタフェースシンポジウム2015 DVD-ROM論文集, pp.841-848 (2015).
  • 伊藤 夏樹, 佐々木 直人, 竹田 泰隆, デシルバ ラビンドラ, 岡田 美智男: Pelat Computing : フラフラ・ヨタヨタが引き出す〈ちから〉について, Entertainment Computing2015 論文集, pp.487-492 (2015).
  • 香川 真人,馬場 翔太朗,竹田 泰隆,デシルバ ラビンドラ, 岡田 美智男:パネル型ロボット<INAMO>を介した相互的な遊びの構成について, Entertainment Computing2015 論文集, pp.447-451 (2015).
  • 佐々木 直人, 伊藤 夏樹, 竹田 泰隆, 岡田 美智男: Pelat : おぼつかない振る舞いに備わる〈ちから〉の探究, Human-Agent Interaction シンポジウム 2015 (HAI-2015) 論文集, pp. 212-215 (2015).
  • 新保智喝, 吉川 宗志, 岡田 美智男: MoCoMo:宛名性,対話性,多声性を考慮した情報提示システムとインタラクション, Human-Agent Interaction シンポジウム 2015 (HAI-2015) 論文集, pp. 203-207 (2015).
  • 山本孝友, 松下仁美, 岡田美智男:子どもの手助けを引き出しながら 共同想起を進めるロボット(Talking-Ally II) ,Human-Agent Interaction シンポジウム 2015 (HAI-2015) 論文集, pp. 208-211 (2015).
  • 吉川 宗志, Nihan Karatas, 岡田 美智男:NAMIDA: ドライバーとエージェントとのパーシエイシブなインタラクションにむけて, Human-Agent Interaction シンポジウム 2015 (HAI-2015) 論文集, pp. 185-191 (2015).

Contests

Demonstration

  • WIRED X DESIGN ワークショップ「弱いロボット」のつくりかた:トークイヴェント&体験会(2015/5/16).
  • 第42回 国際福祉機器展(10/7-10/9, 東京ビッグサイト).
  • あいち次世代ロボットフェスタ(11/27-28).
  • 弱いロボットと10のストーリー ワークショップ, loftwork.com (2015/12/19).

Press & Media

  • 守ることについて僕たちが語ること(第2回)、EnterpriseZine(エンタープライズジン)、翔泳社.
  • (2016/01/20) amu, EVENT REPORT「弱いIA」の可能性――World IA Day 2015 Japan vol.1 岡田美智男
  • (2016/01/15)「ロボットにはなぜ「弱さ」が必要!?」、荻上チキ責任編集 “α-Synodos” vol.188, 特集:ロボットへの戸惑い.
  • (2016/1) 「ロボットと過ごすやさしい日本の未来」、博報堂『広告』 (2016/1).
  • (2015/12/03) BSフジ、『プライムニュース』、「ロボットに新たな使命 終着点は “不完全”?」
  • (2015/11/27) 未来授業~明日の日本人たちへ~ 「弱いロボット」が伝えてくれるメッセージとは? 人とロボットとの「寄り添える」関係.
  • (2015/10/22) Talking-Allyに関するプレス・リリース
    Robot’s influent speaking just to get attention from you – Dynamically adapting robot’s utterance and body language based on subtle human cues, EurekAlert?!, the American Association for the Advancement of Science (AAAS).

    • Talking-Ally robot works to keep your attention, http://www.gizmag.com , Ben Coxworth, October 23, 2015
    • Researchers Invent Robot That Will Pester You Until You Pay Attention to It – It really doesn’t like when you’re watching the game instead., www.popularmechanics.com .
    • Japanese Robot Annoys People Until They Talk To It – “Talking Ally” is more of an irritating acquaintance, http://www.popsci.com , By Kelsey D. Atherton Posted October 24, 2015.
    • Talking-Ally Robot Can Tell if You’re Not Listening, www.ideaconnection.com .
    • Talking Ally robot knows when it is being overlooked!, www.technotification.com .
    • Smart robots detect boredom and steer clear of humans, E&T (Engineering and Technology Magazine), 23 October 2015 By Jack Loughran.
    • New Robot Demands that Distracted User Pays Attention to It, outerplaces.com, by Janey Tracey Friday, 23 October 2015
    • Robot adapts voice and gestures just to get attention from you, http://www.sciencedaily.com/ , October 22, 2015.
    • New Talking-Ally Robot May be an Expert at Getting Your Attention, http://www.scienceworldreport.com. Catherine Griffin, First Posted: Oct 22, 2015 10:08 AM EDT.
    • New Robot Demands that Distracted User Pays Attention to It – Outer Places, http://ustad.science .
  • (2015/10/10) エフエム豊橋「天伯之城 ギカダイ」「「弱いロボット」って、どんなロボットなの?」
  • (2015/10/5-8) TOKYO FM 「未来授業」第882-885回、『掃除をしたのは、お掃除ロボットか、それとも人か』ほか.
  • (2015/10/1) Researchmap 「つながるコンテンツ」ー 頼りなさが生み出すもの 弱いロボットのちから.
  • (2015/8/10) NHK 名古屋放送局、おはよう東海 リポート、「弱々しいロボットの力とは」.
  • (2015/7/13) WXD レポート、WIRED (2015/7/13)
  • (2015/6/13) 日本テレビ、SENSORS、「弱いロボット」が生む人間との新しい関係とは.
  • (2015/6/13) SENSORS.jp、あえて”不完結”にこだわる「弱いロボット」が人とモノの関係性に問うもの.
  • (2015/4/28) WIRED.jp 「弱いロボット」のつくりかた:5/16(土)トークイヴェント&体験会を開催 file「弱いロボット」のつくりかた.

Invited Articles

  • 岡田美智男:「弱いロボット」との交流から見直すコミュニケーション、『心理学ワールド』(小特集:アフォードするロボット)、Vol.70、pp.21-22、日本心理学会(2015/7).
  • 岡田美智男:〈弱さ〉が持ちうる強さ、教育科学研究会編『教育』、特集1:「弱さ」を見せられない社会、pp.22-29、かもがわ出版 (2016/2).

Patent

  • 登録第1532434号、データ表示装置、吉川宗志、デシルバ・ラビンドラ、岡田美智男、豊橋技術科学大学、平成27年7月31日

Invited Lectures & Seminars

  • 岡田美智男:弱いロボット研究の目指すもの、コミュニケーションの自然誌研究会、京都大学 (2015/4/20).
  • 岡田美智男:「弱いロボット」のつくりかた、WIRED X DESIGN トークイヴェント&体験会(2015/5/16).
  • 岡田美智男:「弱いロボット」たちと考える関係論的なケアの可能性、日本認知症ケア学会 (2015/5/23-24).
  • 岡田美智男:弱いロボットデザイン、WIRED X DESIGN カンファレンス(2015/6/6).
  • 岡田美智男:ゴミ箱ロボット:他者を味方にしてゴミを拾い集めてしまう関係論的な行為方略について、京都カンファレンス「拡張した心を超えて:異邦の身体、人形、女の魂、東洋の精髄 」(2015/6/20-21).
  • 岡田美智男:「弱いロボット」はいかなる環境になりえるのか?、第107回研究会「ロボットはいかなる環境になりえるのか?:その可能性と課題」、人間・環境学会(MERA)、近畿大学(2015/7/11).
  • 岡田美智男:「弱いロボット」研究の目指すもの、第15回Kフォーラム、柏森情報科学振興財団 (2015/8/24-26).
  • 岡田美智男:弱いロボット:人との関係性を指向するデザインとその可能性、第11回JEITAデザインフォーラム「人とテクノロジーとの新しいかかわり」、電子情報技術産業協会(JEITA)、CEATEC コンファレンス (2015/10/9).
  • 岡田美智男:〈弱いロボット〉研究におけるセンシングとは?、知的センシング技術分科会、電子情報技術産業協会 (2015/12/2).
  • 岡田美智男:「弱いロボット」たちと考える子どもたちの発達と学び、第10回発達支援教育実践セミナ-、琉球大学教育学部附属発達支援教育実践センター(2015/12/5).
  • 岡田美智男:〈弱いロボット〉たちと考える人とロボットとのコミュニケーションの可能性、上智大学言語学講演会、上智大学 国際言語情報研究所(2015/12/15).

Grant

  • 基盤研究(A):24242001 知のエコロジカル・ターン:人間的環境回復のための生態学的現象学 (研究代表者:河野哲也)
  • 基盤研究(B):26280102 関係論的な行為方略を備えるロボットとその関係発達プロセスに関する研究