Books

Journals

  • Yuto Yamaji, Taisuke Miyake, Yuta Yoshiike, P. Ravindra S De Silva and Michio Okada: STB:Child-Dependent Sociable Trash Box, International Journal of Social Robotics, Volume 3, Number 4, Pages 359-370 (2011).
  • 吉池佑太,遠藤高史,福井隆,大島直樹,ラビンドラ デ・シルバ,岡田美智男:フェイス侵害度を考慮した多人数会話の組織化について,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol. 14, No. 4, pp. 425–436 (2012).
  • 山口雄大,大島直樹,デシルバ ラビンドラ,岡田美智男: ネットワークを介した促進行為場の生成について,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol. 14, No. 4, pp. 415–424 (2012).

International Conferences

  • Yu Arita, Shinya Hirota, Yuta Yoshiike, P. Ravindra S De Silva, Michio Okada: SDT: A “KonKon?” Interface to Buildup the Connotation Interactions, Proceedings of 7th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction (HRI2012), p. 399 , March 5-8, Massachusetts, USA (2012) (video session)
  • Naoki Ohshima, Yuta Yamaguchi, P. Ravindra S. De Silva, Michio Okada: Sociable Spotlights: Cognitive Artifacts to Enhance Engagement in Conversation, The 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI 2012), August 28–31, 2012, Matsue, Japan.(投稿中)
  • Naoki Ohshima, Yuta Yamaguchi, P. Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: Sociable Spotlights: Cognitive Artifacts to Enhance Engagement in Conversation, Proc. of International Conference on Social Robotics 2011 (ICSR2011), WORKS-IN-PROGRESS-INPUT FOR DISCUSSION, pp.73-76, Novemver 24-25, 2011, Amsterdam, The Netherlands.
  • Yuta Yoshiike, P. Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: MAWARI:A Social Interface to Reduce the Workload of the Conversation, Proc. of International Conference on Social Robotics 2011 (ICSR2011), LNAI7072, pp.11-20, Novemver 24-25, 2011, Amsterdam, The Netherlands.
  • Naoki Ohshima, Yuta Yamaguchi, P. Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: Sociable Spotlights: Cognitive Artifacts to Enhance Engagement in Conversation, Proc. of The Asia-Pacific Interdisciplinary Research Conference 2011 (AP-IRC 2011), pp.73, November 17-18, 2011, Toyohashi, Japan.
  • Yuta Yoshiike, Takashi Fukui, P. Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: ROBOMO: A Futuristic Personalized-Accompanying Sociable Creature, ICRA2011 Workshop on Robots and Art, Frontiers in Human-Centered Robotics as Seen by the Arts, WS-F-11, May 13, 2011, Shanghai, China.
  • Yu Arita, Taisuke Miyake, Naoki Yamamoto, P.Ravindra S De Silva, and Michio Okada: HINOCO – An Interface to Colligate the Virtual-World and Real-World, Proc. of Virtual Reality International Conference (VRIC 2011), pp.18-19, 6-8 April 2011, Laval, France.

Domestic Conferences

  • 三宅泰亮,森達哉,吉田紀子,吉池佑太,P. Ravindra S. De Silva,岡田美智男: なんだコイツは?-子どもたちはゴミ箱ロボットをどのような存在として捉えたのか, HAIシンポジウム2011論文集,I-2B-1 (2011/12/3-5).
  • 山本直輝,田中大希,吉池佑太,P. Ravindra De Silva,岡田美智男: マコのて:「並ぶ関係」に基づくロボットとの共感的なコミュニケーションにむけて, HAIシンポジウム2011論文集,III-1A-1 (2011/12/3-5).
  • 有田悠,廣田真也,吉池佑太,P.Ravindra De Silva,岡田美智男: Sociable Dining Table: 「コンコン」インタフェースにおける相互適応プロセスの分析, HAIシンポジウム2011論文集,III-2A-1 (2011/12/3-5).
  • 有田悠,廣田真也,吉池佑太,P.Ravindra De Silva,岡田美智男: Sociable Dining Table: 原初的なシンボル獲得・共有に向けた相互適応プロセスの研究、第9回 情報学ワークショップ (2011/11/25).
  • 大島直樹,山口雄大,デシルバラビンドラ,岡田美智男:コミュニケーションの「場」に対する構成的理解とその応用,第4回センシングアーキテクトシンポジウム ADIST 2011,ADIST 2011 講演抄録集,pp. 38,(2011/10/14, 豊橋技術科学大学)
  • 吉池佑太: 子どもたちはゴミ箱ロボットとどのように関わるのか?ーフィールドワークからの知見とその考察ー,日本心理学会第75回大会,ワークショップ「発達支援者としてのお友達ロボットの可能性」(話題提供)(2011/09/16)
  • 廣田真也,有田悠, 吉池佑太,P. Ravindra De Silva,岡田美智男:「コンコン」インタフェースにおける相互適応プロセスの分析,ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集,pp.831-834, (2011/9/13-16, 仙台国際センター)
  • 喜納希美,三宅泰亮,吉池佑太,P. Ravindra De Silva,岡田美智男:Sociable Playground: 関係論的なインタフェースとしての遊びの場をデザインする,ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集,pp.835-838, (2011/9/13-16, 仙台国際センター)
  • 吉田紀子,三宅泰亮,吉池佑太,P. Ravindra De Silva,岡田美智男:Sociable Trash Box:子どもたちはゴミ箱ロボットをどう捉えたのか – パーソナルスペースを手掛かりとして -,ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集,pp.567-570, (2011/9/13-16, 仙台国際センター)
  • 森達哉,三宅泰亮,吉池佑太,P. Ravindra De Silva,岡田美智男:Sociable Trash Box: 子供たちのアシストを引き出すための振舞いのデザインについて,ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集,pp. 857-860, (2011/9/13-16, 仙台国際センター)
  • 大山雄佑,石川剛央,巽孝介,P. Ravindra De Silva,岡田美智男:聞き手の「聞き手性」をリソースとする発話のデザインについて,ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集,pp.661-664, (2011/9/13-16, 仙台国際センター)
  • 大島直樹、山口雄大、デシルバラビンドラ、岡田美智男:Sociable Spotlight: コミュニケーションの「場」に対する構成的理解に向けて、ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS)&ヴァーバル・ノンヴァーバルコミュニケーション研究会(VNV)合同研究会、信学技法、Vol. 111、No. 190、pp. 33-38、(2011/8/26-27, 京都大学).
  • 吉池佑太,有田悠,P. Ravindra De Silva,岡田美智男:Tong Tong Phone: 「トントン」インタフェースによるコミュニケーションデザイン、2011年度人工知能学会全国大会、1C2-OS4b-11 (2011/6).

Contests

  • ICSR 2011 2nd Robot Design Competition (“INAMO – Towards a Future Imaginery Navigator”, Japan)
  • INAMO 離合集散をくりかえすパネル型ロボット群、IVRC 2011 出展企画案提出 .(2011/5/27).決勝大会出場(2011/10/8).
  • COCORON ココロン – ちょっと気になるころがるロボット、IVRC 2011 出展企画案提出 (2011/5/27).
  • minicry、IVRC 2011 出展企画案提出 (2011/5/27).

Demonstration

  • 『第9回 Business Link 商賣繁盛 at NAGOYA DOME』(名古屋市ナゴヤドーム, 2012/1/18-19)

Press & Media

  • 蒲郡ミカンのキャラに愛称、東日新聞 (2011/5/17)
  • 蒲郡みかんキャラクター 愛称は「ミーモ」、東愛知新聞 (2011/5/12)
  • 蒲郡みかんで美肌 ボディーソープ販売開始、中日新聞 (2011/07/08)

Invited Articles

  • 岡田美智男:関係論的なロボットとその応用、映像情報Industrial、Vol.44, No.4, pp.78-81 (2012).

Patent

Invited Lectures & Seminars

  • 岡田美智男:人工知能論、京都嵯峨芸術大学 (2012/2).
  • 岡田美智男:遊びと芸術、神戸大学発達科学部 (2011/12).
  • 岡田美智男:ヒューマンインタフェース、早稲田大学基幹理工学研究科 (2011/11).
  • 岡田美智男:TUT Socially Assistive Robotics: ソーシャルなロボット群による生活支援技術、最先端医療福祉・生活支援テクノロジーに関する合同セミナー、pp.8、大府市 (2011/9/28).
  • 岡田美智男:言語情報学 V、立命館大学言語教育情報研究科 (2011/8).
  • Michio Okada: Designing sociable creatures to investigate our social interaction and communication, Keynote at Robotics Lab Opening, MARCS Auditory Laboratories, University of Western Sydney (2011/7/28).
  • Michio Okada: Designing Sociable Creatures for Symbiotic Relations with Human, Proceedings of International Symposium on EcoTopia? Science ’11 (ISETS’11), 11E07-02(7260), pp.146-147 (Nagoya Univ., December 9-11, 2011).

Grant

  • 文部科学省科研費(基盤研究B):コミュニケーションの『場』に対する構成的理解とその応用に関する研究
  • 文部科学省科研費(基盤研究B):生態学的なコミュニケーション論と社会的アフォーダンスに関する実証哲学的研究
  • 文部科学省科研費(基盤研究C):ロボットのエシックス
  • 文部科学省 理数学生応援プロジェクト:TUTオープンチャレンジプロジェクト