Books

Journals

  • 吉田善紀、吉池佑太、岡田美智男:SociableTrashBox?: 子どもたちと一緒にゴミを拾い集めるロボット、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.11, No.1, pp.27-36 (2009.2).
  • 吉池佑太、岡田美智男:ソーシャルな存在とは何か― Sociable PC に対する同型性の帰属傾向について、電子情報通信学会論文誌(投稿中).
  • 大島直樹、岡澤航平、本田裕昭、岡田美智男:TableTalkPlus:参与者の共同性や社会的なつながりを引きだすアーティファクトとその効果、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.11, No.1, pp.105-114 (2009.2).

International Conferences

  • Michio OKADA: “Embodiment in human-robot interaction and communication”, Colloque international, Vers une nouvelle philosophie du corps: Centenaire de la naissance de Maurice Merleau-Ponty, Rikkyo University (2008/11). 岡田美智男:人とロボットとの相互行為とコミュニケーションにおける身体性,国際シンポジウム:新たな身体の哲学の構築に向けた国際的研究―メルロ=ポンティ生誕100年に際して―,立教大学(2008/11/22-23).

Domestic Conferences

  • 吉池佑太、吉田善紀、岡田美智男:ロボットの「ヒトらしさ」について、日本生態心理学会第二回大会発表論文集, pp. 29 – 30(2008.8).
  • 岡澤航平、大島直樹、角裕輝、吉池佑太、岡田美智男:会話のダイナミクスとその視覚化について、日本生態心理学会第二回大会 発表論文集 pp.23 – 24(2008.8).
  • 岡澤航平、大島直樹、角裕輝、岡田美智男:VelicitA:参加者の共同性を引き出すインタラクションデザイン、ヒューマンインタフェースシンポジウム2008論文集, pp.793-798 (2008.9).
  • 小嶋宏幸、福井隆、岡田美智男:Mawari:多人数会話への参加に基づくソーシャルインタフェース、ヒューマンインタフェースシンポジウム2008論文集, pp.1163-1166 (2008.9).
  • 中村那大、吉池佑太、岡田美智男:ライフログの共有に基づくソーシャルメディエータについて、ヒューマンインタフェースシンポジウム2008論文集, pp.493-496 (2008.9).
  • 吉池佑太、山地雄土、岡田美智男:ソーシャルな存在とは何か ー Sociable PCとその社会性の帰属について、ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集, pp.803-806(2008.9).
  • 吉田善紀、鴨田貴紀、吉池佑太、岡田美智男:弱さをチカラにして:ゴミ箱ロボットへのアシスト行為の誘発、ヒューマンインタフェースシンポジウム2008論文集, pp.821-824 (2008.9).
  • 竹井英行、角裕輝、鴨田貴紀、岡田美智男:Sociable Dining Table:リテラシーフリーな「コンコン」インタフェースに向けて、ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集, pp.799-802 (2008.9).
  • 平野峰義、吉池佑太、岡田美智男:Sociable Groove:「ノリ」を介して引き出される感受性の作用、ヒューマンインタフェースシンポジウム2008論文集, pp.515-518 (2008.9).
  • 大島直樹、岡澤航平、吉池佑太、岡田美智男:人と人との関わりを引きだすソーシャルメディエータのデザインとその応用、Assistive Technology & Augmemtative Communication Conference 2008, pp. 68–69, Kyoto (2008.12.6-7).
  • 木村秀生、平井 清、郷間英世、岡田美智男:関係発達論的インタフェースとして開発中のロボットを用いたコミュニケーション発達支援の試行、Assistive Technology & Augmemtative Communication Conference 2008, pp. 81-82, Kyoto (2008.12.6-7).
  • 吉池佑太、吉田善紀、岡澤航平、岡田美智男:コミュニケーションの「場」に対する構成的アプローチ、電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS) 第2回HCSワークショップ (2008/11/23-24).
  • 吉池佑太、岡田 美智男:社会的存在価値を指向するソーシャルインタフェースの提案、インタラクション2009論文集(情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol.2009, No.4), pp91-92 (2009/3).
  • 鴨田貴紀、竹井英行、角 祐輝、岡田美智男:Sociable Dining Table:家族の仲をとりもつ「コンコン」インタフェースの提案、インタラクション2009論文集(情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol.2009, No.4), pp.159-160 (2009/3).
  • 吉田善紀、吉池佑太、岡田 美智男:群れをなす Sociable Trash Box : 子どもたちとの緩やかな共同性を 生み出すインタラクション空間のデザイン、インタラクション2009論文集(情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol.2009, No.4), pp165-166 (2009/3).
  • 岡澤航平、大島直樹、岡田 美智男:TableTalkPlusによる会話の「場」のデザイン、インタラクション2009論文集(情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol.2009, No.4), D14 in CD-ROM (2009/3).

Contests

Demonstration

  • 豊橋市子ども未来館オープニングイベント (2008/8/9-10).
  • 第2回公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」(2009/3).

Press & Media

  • 毎日新聞(2009/3/16):次世代ユニークロボットを紹介
  • 東愛知新聞(2009/3/16):夢と想像力あふれるロボット
  • 東日新聞(2009/3/14):10年後のロボットは?
  • 中日新聞(2009/1/24):癒しロボミカンの形
  • 東日新聞(2009/1/24):ただいま三河弁”勉強中”
  • 中部経済新聞(2009/1/24):声に反応 みかんロボ
  • 東愛知新聞(2009/1/24):光と会話で心癒す
  • 蒲郡新聞(2009/1/28):みかんロボの試作発表
  • 毎日新聞(2009/1/26):雑記帳。
  • 豊橋ケーブルネットワーク:[ティーズ]HOTステーション (2009/3/17)
  • CBCテレビ『イッポウ』(2009/1/23)
  • サイエンスチャンネル:遊びとヒトの科学 、科学技術振興事業団 (2008/5/31).
  • GAZOO (2008/5/29) 自動車技術会、「2008年春季大会」を開催―安全、環境などテーマにパネルディスカッション
  • Robot Watch (2008/5/23) : ロボットフォーラム「人と共存する車とロボット」レポート ~「人とくるまのテクノロジー展2008」内で開催
  • Robot Watch (2009/2/19):「あいちロボット技術フェスタ」レポート~大学の先端技術や企業の最新製品から学生のコンテストまで
  • Robot Watch (2009/3/13):複数ロボットの操作や空間擬人化、笑いの増幅まで~「インタラクション2009」レポート

Invited Articles

  • 岡田美智男:人とロボットとの相互行為とコミュニケーションにおける身体性、『現代思想』、総特集:メルロ=ポンティ, 身体論の深化と拡張、Vol. 36, No.16, pp.300-311, 青土社 (2008/12).
  • 岡田美智男:コミュニケーションに埋め込まれた身体性:ロボット研究からのアプローチ,特集:コミュニケーションの身体性 -身体性研究の現在,月刊『言語』,Vol.37, No.6, pp.36-63, 大修館書店(2008/6).
  • 岡田美智男:もっと近くに! – ロボットをより身近な存在とするために,ヒューマンインタフェース学会誌,Vol.10, No.2, pp.87-92 (2008/5).

Patent

  • 岡田美智男:コミュニケーションロボット、意願2008-15767 (2008/6/20).

Invited Lectures & Seminars

  • 岡田美智男:関係論的なロボティクスを目指して、ヒューマンロボットコンソーシアム研究会 (2008/5/9).
  • 岡田美智男:人とロボットとのコミュニケーションデザイン -現状と今後の課題-,自動車技術会春季大会 「人と共存するクルマとロボットフォーラム」資料集 (2008/5/21).
  • 岡田美智男:コミュニケーションロボット、こどもサイエンス・カフェ「ロボットの科学(2)」、愛知県産業労働部 (2008/10/19).
  • 岡田美智男:未来型生活空間におけるソーシャルなロボットについて、ヒューマンインタフェース研究会、名古屋都市産業振興公社 (2008/10/20).
  • 岡田美智男:高齢者コミュニケーションを支援するソーシャルメディエータについて、認知症高齢者コミュニケーション支援機器開発研究会、JSTイノベーションプラザ東海 (2008.11.13).
  • 岡田美智男:『発達科学への招待』、神戸大学発達科学部 (2008/5/2, 5/30).
  • 岡田美智男:言語情報学 V、立命館大学言語教育情報研究科 (2008/8/25-29).
  • 岡田美智男:コミュニケーションロボットの社会への応用、ベンチャービジネス論2、追手門学院大学/経営学部 (2008/12/1).
  • 岡田美智男:遊びと芸術、神戸大学発達科学部 (2008/12/27-29).
  • 岡田美智男:人をひきつけるロボットをイメージする、空間演出特講 空間演出デザイン学科、京都造形芸術大学(2009/1/9).

Grant

  • SCAT研究費助成:参加メタファに基づくソーシャルインタフェースの研究
  • 文部科学省科研費(萌芽研究):関係性発達障害児の療育を支援するソーシャルメディエータの研究
  • 平成19年度三菱財団助成金(社会福祉事業):関係性発達障害児の療育を支援するソーシャルメディエータに関する研究
  • 文部科学省 ものづくり技術者育成支援事業:次世代ロボット創出プロジェクト