Books

  • 岡田美智男:「ヒトのコミュニケーション ~ロボットの内なる視点から~」、神戸大学発達科学部編『発達科学への招待』(2008).
  • 岡田美智男:「人の認知からみた相互作用のデザイン」、『ロボット情報学ハンドブック』、NTS (2008).

Journals

  • 宮本英美、李銘義、岡田美智男:社会的他者としてのロボット:自閉症児―ロボットの関係性の発展、発達心理学研究、Vol.18, No.1, pp.78-87 (2007).

International Conferences

  • Michio OKADA :How “Indeterminacy” Promotes Social Interaction between Humans and Artificial Creatures, ICPA14: Symposium on Ecological Robotics (2007.7.6).

Domestic Conferences

  • 岡田美智男:「次世代ロボット創出プロジェクト」の目指すもの,第一回公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」資料集 (2008/3/8).
  • 吉池 佑太,安田朋広,春川涼,吉田幸太郎:Sociable PC:ヒトとモノとの「並ぶ関係」を目指して,第一回公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」資料集 (2008/3/8).
  • 竹井英行、吉池佑太、中村那大、吉田善紀:Sociable Dining Table~テーブルの上に棲まうもう一つの家族~、第一回公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」資料集 (2008/3/8).
  • 竹井英行、孫林玉,福井隆,山地雄土:蒲郡みかんロボットプロジェクト、第一回公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」資料集 (2008/3/8).
  • 吉田 善紀,椹口 敏広,岡田 美智男:Sociable Trash Box : ”弱さのチカラ”に基づくインタラクションデザインとその応用,インタラクション2008論文集(情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol.2008, No.4), pp.69-70 (2008/3/3).
  • 吉池 佑太,岡田 美智男:Sociable PC:パソコンのようなロボット/ロボットのようなパソコン,インタラクション2008論文集(情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol.2008, No.4), 116 in DVD-ROM (2008/3/4).
  • 岡澤 航平,本田 裕昭,岡田 美智男:VelicitA:会話から生み出されるパブリックアート,インタラクション2008論文集(情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol.2008, No.4), 130 in DVD-ROM (2008/3/4).
  • 中村那大、吉池佑太、小嶋宏幸、岡田美智男:ライフログを媒介としたソーシャルネットワーキングの検討、第13回高専シンポジウム in 久留米 予稿集 I-4, p.210 (2008/1/26-27).
  • 平野峰義、吉池佑太、岡田美智男:リズムの共有を介した人とロボットとの原初的コミュニケーション、第13回高専シンポジウム in 久留米 予稿集 I-5, p.211 (2008/1/26-27).
  • 小嶋宏幸、吉池佑太、森下千識、岡田美智男:机の上にミニチュア社会を作る:参加メタファに基づくインタフェース空間の創出を目指して、ヒューマンインタフェースシンポジウム2007資料集, pp.677-680 (2007.9).
  • 吉池佑太、小嶋宏幸、森下千識、岡田美智男:Sociable Interface:「並ぶ関係」としてのインタフェース空間の創出、ヒューマンインタフェースシンポジウム2007資料集, pp.653-656 (2007.9).
  • 竹井英行、吉池佑太、中村那大、吉田善紀、岡田美智男:Sociable Dining Table:テーブルの上に棲まうもう一つの家族、ヒューマンインタフェースシンポジウム2007資料集, pp.271-274 (2007.9).
  • 吉田善紀、小嶋宏幸、吉池佑太、岡田美智男:Sociable Trash Box:ヒトとゴミ箱との相互構成的な関係を探る、ヒューマンインタフェースシンポジウム2007資料集, pp349-352 (2007.9).
  • 岡田美智男:論文誌周辺におけるジレンマとプロスペクティブな研究論文について、ワークショップ:HI研究を論文にまとめる~著者・査読者・学会の立場から、ヒューマンインタフェースシンポジウム (2007.9).

Contests

  • 岡澤航平:The Recursive Chamber、国際学生バーチャルリアリティコンテスト(IVRC2007).

Demonstration

  • Muu:渋谷電力館 (2007/3/23-24).
  • Muu:湖西市立白須賀小学校 「ふれあい科学の集会」(2007/6/8).
  • いろいろ:少年少女発明クラブ 豊橋市視聴覚教育センター、(2007/8/4).
  • Sociable PC:Good Design Presentation 2007 (2007/8/24-26).
  • Muu, ゴミ箱ロボット, Sociable Lamp, Sociable PC : 新川小学校 親子の集い <新川何でも探検隊> ~体験して学ぼう!!色々な技術・職業~ (2007/9/22)
  • 第一回公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」,デモ&ポスターセッション (2008/3/8).

Press & Media

  • Robot Watch:豊橋技術科学大学 公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」レポート(2008/3/11).
  • Robot Watch:ロボット学会工学セミナー「ロボット・インタラクション・テクノロジー」レポート (2007/3/13).
  • Robot Watch:「インタラクション2008」レポート~擬人化されたシュレッダー、弱さを武器にするゴミ箱ロボットなど (2008/3/5).
  • 日経サイエンス(2007/07):分身ロボットと目玉ロボットが物語ること – ユニークなロボットによって、コミュニケーションの本質を探る研究が進んでいる、pp.126-128 (2007/06).
  • ロボコンマガジン(No.52, pp.62-63):メンタル・ロボットに求められるもの、Part III 不思議系ロボットの癒し (2007/6).
  • 日刊工業新聞ロボナブル 2007.05.22 蒲郡会議所、ホテルなどの接客用“みかん型”癒やしロボ開発へ
  • Super H フォーラム:訪問記:第15回 豊橋技術科学大学 岡田研究室 訪問記
  • 毎日新聞 (三河版)
  • 中日新聞 (愛知県版):三河弁話す接客ロボ 蒲郡のメーカーなど開発へ (2007/6/20).
  • 週間観光経済新聞(第2438号2007年9月22日):蒲郡市の協議会がおもてなしロボット開発へ、旅館でも活用狙う
  • 東日新聞 会話型ロボット開発へ委員会
  • 毎日新聞 (愛知県版):ロボットシンポ:蒲郡市、新産業の創出へ/愛知(2007年12月23日).
  • 中日新聞 (愛知県版):ロボット分野で蒲郡をPR 商議所がシンポ(2007年12月23日).

Invited Articles

  • 岡田美智男:ヒトとモノの間にあるもの- ロボット研究からの『モノ学』へのアプローチ -、『モノ学・感覚価値研究』 Vol.2 (2008).
  • 岡田美智男:次世代ロボット創出プロジェクト -モノ作り技術者教育のための新たなリソースとして-、HEADLINE REVIEW(知財権・教育)、技術総合誌 OHM、2007・NOV (2007/11).
  • 岡田美智男:「愉しみ」としての身体……次世代コミュニケーション、遊び/遊ばれる、エコロジカル・マインド、『談』no.78 特集:「遊び/愉しみ」のコミュニケーション、pp.55-77 (2007).

Patent

Invited Lectures & Seminars

  • 岡田美智男:関係論的なロボティクスとそのソーシャルメディエータとしての可能性、愛知県身体障害者コロニー発達障害研究所 (2008/3/17).
  • 岡田美智男:ソーシャルメディエータ(人と人をつなぐ媒介物)とその福祉分野への応用、豊橋技術科学大学・健康長寿シーズ発表会(2007/10/25). file健康長寿シリーズ.
  • 岡田美智男:ヒトとモノの間にあるもの- ロボット研究からの『モノ学』へのアプローチ-、モノ学・感覚価値研究会 (2007/7/15).
  • 岡田美智男:社会的ロボティクス:ヒトとロボットとの関わりをデザインする、第272回東三河産学官交流サロン (2007/6/18). file東三河交流サロン.
  • 岡田美智男:関係論的なロボティクスを目指して、名古屋大学 エコトピアシンポジウム講演会 (2007/6/11).
  • 岡田美智男:ソーシャブルなメディアとその応用について、第7回東三河産学官技術交流会 (2007/5/29).
  • 岡田美智男:関係論的なロボティクスとその展開、ロボット学会工学セミナー「ロボット・インタラクション・テクノロジー」(2007/3/14).
  • 岡田美智男:『発達科学への招待』、神戸大学発達科学部 (2007/5/8, 6/15).
  • 岡田美智男:ソーシャルメディエータとしてのロボット、『百科学 I – 媒体学- 』、京都造形芸術大学 (2007/6/26).
  • 岡田美智男:コミュニケーションロボットの社会への応用、追手門学院大学/経営学部 (2007/11/19).
  • 岡田美智男:言語情報学 V、立命館大学言語教育情報研究科 (2007/8/23-29).
  • 岡田美智男:遊びと芸術、神戸大学発達科学部 (2007/12/26-28).

Grant

  • (財)電気通信普及財団助成:関係性発達障害児の療育を支援するソーシャルメディエータに関する研究
  • SCAT研究費助成:参加メタファに基づくソーシャルインタフェースの研究
  • 文部科学省科研費(萌芽研究):関係性発達障害児の療育を支援するソーシャルメディエータの研究
  • 平成19年度教育研究活性化経費:次世代ロボット創出を題材とするプロジェクト学習(PBL)型プログラムの開発
  • 平成19年度三菱財団助成金(社会福祉事業):関係性発達障害児の療育を支援するソーシャルメディエータに関する研究
  • 文部科学省 ものづくり技術者育成支援事業:次世代ロボット創出プロジェクト