Talking-Bones (2016-)

えーと、なんだっけ…。なっ、な…。
NARA じゃなくて、なっ…。

(NASA!?)

あっ、そうそう、NASA がね…。

何かを懸命に伝えようとするも、思わず大切な言葉を物忘れしてしまうロボット。聞き手からの手助けを引き出しながら、一緒に発話を生み出していくとともに、それを手助けする人の優しさや学びをも引き出してしまう。

“​Uhh, what was it…? Um, um…”

“It wasn’t Nara but, um….”

(“NASA?”)

“yeah yeah, So Nasa…”

Talking Bones desperately tries to tell you something, but always forgets the important words. The forgetful robot needs your help as the listener to keep the conversation going. Talking Bones is a robot who draws out the listener’s kindness and inquiry through conversation.

 

動画

発表論文等

全国大会・シンポジウム等の予稿集

  • 山村祐之、西脇裕作、星野翔平、岡田美智男:Talking-Bones:ソーシャルなロボットによる関係発達論的な学びの場のデザイン、ヒューマンインタフェースシンポジウム2017 DVD-ROM論文集、pp.641-644 (2017.9).