Talking-Ally (2011-)

「あのね、きょうね、がっ、がっこうでね、ねっ、きいてる?」

〈トーキング・アリー〉は、話し手として一方的に発話を繰り出すだけではなく、聞き手の存在を予定しつつ、その聞き手との相互行為的調整に基づいて発話の組織化を行う発話生成システムです。

発表論文等

論文

  • 蔵田洋平、松下仁美、小田原雄紀、大島直樹、デシルバ ラビンドラ、岡田美智男:Talking-Ally: 聞き手性をリソースとする発話生成システムの実現にむけて、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.17, No.2, pp.159-170 (2015/5).
  • Naoki Ohshima , Yasuke Ohyama, Yuki Odahara, P. Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: Talking-Ally: The Influence of Robot Utterance Generation Mechanism on Hearer Behaviors, International Journal of Social Robotics (2014)

国際会議

  • Hitomi Matsushita, Yohei Kurata, P. Ravindra S De Silva, and Michio Okada: Talking-Ally: What is the Future of Robot’s Utterance Generation? The 24th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2015), pp. 291-296, Kobe International Conference Center, Kobe, Japan, August 31 to Sep 4, 2015 (2015).
  • Yuki Odahara, Naoki Ohshima, P. Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: Talking Ally: Toward Persuasive Communication in Everyday Life, Proc. of The 15th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2013), Part II, pp. 394-403, Nevada, USA, 21 – 26 July (2013).
  • Naoki Ohshima, Yusuke Ohyama, Yuki Odahara, P. Ravindra S. De Silva and Michio Okada: Talking-Ally: Intended Persuasiveness by the Utilizing Hearership and Addressivity, Proc. of The fourth International Conference on Social Robotics (ICSR2012), pp. 317-326, October 29-31, Chengdu, China (2012).

全国大会・シンポジウム等の予稿集

  • 松下仁美、星野 翔平、香川 真人、山村 祐之、岡田 美智男:Talking-Ally:非流暢性を伴う発話調整方略とその適応について、ヒューマンインタフェースシンポジウム2017 DVD-ROM論文集、pp.909-914(2017.9).
  • 山本孝友、松下仁美、岡田美智男:子どもの手助けを引き出しながら 共同想起を進めるロボット(Talking-Ally II)、Human-Agent Interaction シンポジウム 2015 (HAI-2015) 論文集、pp.208-211(2015.12).
  • 山本 孝友、松下 仁美、P.Ravindra S. De Silva、岡田 美智男:関係論的な発話生成システムにおける学びの双対性について、ヒューマンインタフェースシンポジウム2015 DVD-ROM論文集、pp.699-702(2015.9).
  • 蔵田 洋平、松下 仁美、新保 智喝、P.Ravindra De Silva、岡田 美智男: Talking-Ally:発話において志向性の表示が聞き手に与える影響について、ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 DVD-ROM論文集、pp. 624-627 (2014.9).
  • 松下 仁美、蔵田 洋平、新保 智喝、P.Ravindra De Silva、岡田美智男: Talking-Ally:聞き手性に配慮した発話に備わる説得性について、ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 DVD-ROM論文集、pp.77-82 (2014.9).
  • 小田原雄紀、蔵田洋平、松下仁美、大島直樹、P. Ravindra S. De Silva、岡田美智男: Talking-Ally: 聞き手性と宛名性に配慮した発話生成システムについて、Human-Agent Interaction シンポジウム 2013 (HAI-2013) 論文集、I-3 (2013.12).
  • 蔵田洋平、小田原 雄紀、松下仁美、大島直樹、P.Ravindra S. De Silva、岡田美智男: Talking-Allyにおける宛名性の表示機構について、Human-Agent Interaction シンポジウム 2013 (HAI-2013) 論文集、P8 (2013.12).
  • 山際康貴、上原孝紀、蔵田洋平、大島直樹、P. Ravindra De Silva、岡田美智男: Talking-Ally: 多人数会話に基づくソーシャルインタフェースにおける身体配置の調整について、Human-Agent Interaction シンポジウム 2013 (HAI-2013) 論文集、P7 (2013.12).
  • 蔵田洋平、小田原雄紀、松下仁美、大島直樹、デシルバラビンドラ、岡田美智男: Talking-Ally:聞き手性と宛名性に配慮した発話生成システム実現にむけて、ヒューマンインタフェースシンポジウム2013 DVD-ROM論文集、pp. 511-514 (2013.9).
  • 小田原雄紀、蔵田洋平、大島直樹、P.Ravindra S. De Silva、岡田美智男:Talking-Ally: 聞き手性をリソースとする発話生成系の実現にむけて、Human-Agent Interaction シンポジウム 2012 (HAI-2012) 論文集、2E-2 (2012.12).
  • 蔵田洋平、小田原雄紀、大島直樹、デシルバラビンドラ、岡田美智男:Talking-Ally:聞き手と一緒に発話を組織する発話生成系の研究、平成24年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集、D1-6 (2012.9).
  • 小田原雄紀、蔵田洋平、大島直樹、デシルバラビンドラ、岡田美智男:Talking-Ally:聞き手と一緒に発話を組織する発話生成システムについて、ヒューマンインタフェースシンポジウム2012論文集、1411L、pp. 161-166 (2012.9).
  • 大山雄佑、石川剛央、巽孝介、P. Ravindra De Silva、岡田美智男:聞き手の「聞き手性」をリソースとする発話のデザインについて、ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集、pp.661-664(2011.9).

受賞歴

  • RO-MAN 2015 Best Paper Award – Finalist
    Hitomi Matsushita, Yohei Kurata, P. Ravindra S De Silva, and Michio Okada: “Talking-Ally: What is the Future of Robot’s Utterance Generation?”, The 24th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2015), Kobe International Conference Center, Kobe, Japan, August 31 to Sep 4, 2015 (2015)
  • Human-Agent Interactionシンポジウム2012 (HAI-2012) Outstanding Research Award 最優秀賞
    小田原雄紀、蔵田洋平、大島直樹、P.Ravindra S. De Silva、岡田美智男:Talking-Ally: 聞き手性をリソースとする発話生成系の実現にむけて、Human-Agent Interaction シンポジウム 2012 (HAI-2012) 論文集、2E-2 (2012.12).