マコのて (2010-)

ただ並んで歩くだけなのに
しばらくすると相手の気持ちも伝わってくるような気がする…

ロボットが人をナビゲートするわけでもない、人がロボットの世話をするのでもない。〈まこのて〉は、ただ一緒に手を繋いで並んで歩くだけのロボットです。

発表論文等

論文誌

  • 野坂竜也、深町建太、竹田泰隆、P. Ravindra S. De Silva、岡田美智男:一緒に散歩するロボット「マコのて」における手を握りあうことの効果について、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.17, No.2, pp.191-200 (2015/5).

国際会議

  • Naoki Yamamoto, Kenta Fukamachi, Yasutaka Takeda, P. Ravindra S De Silva, and Michio Okada: Mako-no-Te: To Explore Side-to-Side Communication through the Intersubjectectivity, Proc. of the First International Conference on Human-Agent Interaction (iHAI 2013), II-2-p14, Sapporo, Japan, August 7-9 (2013).

全国大会・シンポジウム等の予稿集

  • 林直樹、西脇裕作、都丸武宜、岡田美智男:一緒に並んで歩くロボット〈マコのて〉とその手を介したコミュニケーションについて、エンタテインメントコンピューティング2017論文集、pp.388-391 (2017.9).
  • 林直樹、深町建太、岡田美智男:〈マコのて〉:つないだ手を介して引き出される志向的な構えについて、ヒューマンインタフェースシンポジウム2016 DVD-ROM論文集、pp.831-834 (2016.9).
  • 野坂竜也、深町建太、竹田泰隆、P.Ravindra De Silva、岡田美智男:一緒に散歩するロボット「マコのて」における手をつなぎ合うことの効果、ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 DVD-ROM論文集, pp.83-88 (2014.9).
  • 深町建太、野坂竜也、竹田泰隆、P.Ravindra De Silva、岡田美智男:マコのて:手をつなぎ一緒に歩く共感的なインタフェースに向けて、ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 DVD-ROM論文集, pp.599-604 (2014.9).
  • 野坂竜也、深町建太、竹田泰隆、P.Ravindra S. De Silva、岡田美智男:一緒に散歩するロボット「マコのて」における手の握り機構について、Human-Agent Interaction シンポジウム 2013 (HAI-2013) 論文集、 P9, pp.81-85 (2013.12).
  • 山本直輝、深町建太、竹田泰隆、P. Ravindra De Silva、岡田美智男:マコのて:「並ぶ関係」に基づく人とロボットのコミュニケーションの可能性を探る、Human-Agent Interaction シンポジウム 2012 (HAI-2012) 論文集、2C-1 (2012.12).
  • 深町建太、山本直輝、P. Ravindra De Silva、岡田美智男:マコのて:一緒に並んで歩くロボットの実現に向けて、第10回 情報学ワークショップ (WiNF 2012)、pp.147-152 (2012.12).
  • 山本直輝、田中大希、吉池佑太、P. Ravindra De Silva、岡田美智男:マコのて:「並ぶ関係」に基づくロボットとの共感的なコミュニケーションにむけて、HAIシンポジウム2011論文集、III-1A-1 (2011.12).
  • 山本直輝、吉池佑太、P. Ravindra De Silva、岡田美智男:マコのて:「並ぶ関係」に基づく共感的なインタフェースの構築に向けて、ヒューマンインタフェースシンポジウム2010論文集、pp.355-358 (2010).

コンテスト等への応募

  • 夏目そーせーじ(深町建太、山本直輝、蔵田洋平):我輩は犬である,国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト (IVRC) 2012,(2012).