INAMO

パタン、パタンと離合集散を
繰り返すパネル型ロボット群

イナーシャル・モーメントで外殻を回転させ、電磁石を制御しながら集合離散を繰り返す…。遊びやコミュニケーションを引き出すインタラクティブなアーティファクト。

Whack! whack! Whack!, these fluttering panel robots repeat parting and meeting movements

Using inertial movements to spin, Inamo uses electro magnets to part and meet repeatedly… These interactive robots bring out communication and playfulness.

発表論文等

論文誌

  • 香川真人、馬場翔太郎、竹田泰隆、岡田美智男:パネル型ロボットINAMOを介した共同的な遊びとコミュニケーションについて、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.18, No.3, pp.209-218 (2016.8).

国際会議

  • Masato Kagawa, Nihan Karatas, Michio Okada:Communication Fundamentals within a Triadic Interaction in a Cooperative Play Mediated by INAMO, 5th International Conference on Human-Agent Interaction (iHAI), pp.491-494(2017).

全国大会・シンポジウム等の予稿集

  • 香川真人、柄戸拓也、岡田美智男:INAMO:ロボットを介した共同的な遊びとコミュニケーションについて、エンタテインメントコンピューティング2017論文集、pp.29-37(2017.9).
  • 香川真人、岡田美智男:INAMO:ロボットを介した共同的な遊びとコミュニケーションについて、ヒューマンインタフェースシンポジウム2016 DVD-ROM論文集、 pp.577-582(2016.9).
  • 香川真人、馬場翔太朗、竹田泰隆、デシルバ ラビンドラ、 岡田 美智男:パネル型ロボットを介した相互的な遊びの構成について、エンタテインメントコンピューティング2015 論文集、pp.447-451 (2015.9).
  • 馬場翔太郎、竹田泰隆、Ravindra De Silva、 岡田美智男:INAMO: 人と一緒に「遊び」を組織するロボットを目指して、Human-Agent Interaction シンポジウム2014(HAI-2014)論文集,、pp.53-57(2014.12).
  • 馬場翔太郎、竹田泰隆、Ravindra De Silva、 岡田美智男:となりのINAMO:お互いを踏み台にしながらゴールを目指すパネル型ロボット群、エンタテインメントコンピューティング2014論文集、pp.80-83 (2014.9)
  • 馬場翔太郎、吉田広平、竹田泰隆、P. Ravindra S. De Silva、岡田美智男:INAMO: ロボットと人と環境が生み出す新たなインタラクティブパズル、エンターテインメントコンピューティングシンポジウム2013論文集、 pp. 221-226 (2013.10).
  • 吉田広平、馬場翔太郎、竹田泰隆、デシルバラビンドラ、岡田美智男:INAMO: アドホックなコミュニケーションを生み出す共創的インタフェースに向けて、ヒューマンインタフェースシンポジウム2013 DVD-ROM論文集、pp. 251-254 (2013.9).

コンテスト等への応募

  • The 3rd International Conference on Social Robotics (ICSR2011) 2nd Robot Design Competition (“INAMO – Towards a Future Imaginery Navigator”, Japan).
  • INAMO 離合集散をくりかえすパネル型ロボット群、国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト (IVRC) 2011.

受賞歴

  • The 3rd International Conference on Social Robotics (ICSR2011) 2nd Robot Design Competition 2nd Prize
    “INAMO – Towards a Future Imaginery Navigator”, Japan.