研究成果
単行本
  • 岡田美智男:私たちが〈身体性〉を備えるとはどういうことなのか?、『Science Book Travel - 世界を見晴らす100冊』、河出書房新社 (2015)
  • 岡田美智男:私たちと音声(5.1節担当)、定延利之編著:『私たちの日本語研究 問題のありかと研究のあり方』、朝倉書店(2015)
  • 岡田美智男:原初的インタラクション、人工知能学会編:『人工知能学事典新版』、共立出版 (2015).
  • 岡田美智男:言い・シし、言い淀みのすすめ、神吉宇一編著:『日本語教育学のデザイン』、凡人社(2015)
  • 岡田美智男:弱いロボット、『今後の高齢化社会に求められる生活支援(福祉・介護・リハビリ)ロボット技術』(2015)
  • 岡田美智男:『談 100号記念選集』「愉しみ」としての身体・・次世代コミュニケーション、遊び/遊ばれる、エコロジカル・マインド (再録)、公益財団法人たばこ総合研究センター  水曜社 (2014).
  • 岡田美智男:『ベスト・エッセイ2014』〈弱さ〉の復権、日本文藝家協会編 光村図書 pp.113-116 (2014)
  • 岡田美智男:松本光太郎共編著:『ロボットの悲しみ - 人とロボットの生態学にむけて』、新曜社 (2014).
  • 岡田美智男:人とロボットとの生態学的コミュニケーション、河野哲也編:『知の生態学的転回3 倫理 人類のアフォーダンス』、第一部、第三章、pp.29-52、東京大学出版会 (2013/9/5).
  • 岡田美智男:『弱いロボット』(シリーズ ケアをひらく)、医学書院 (2012).
  • 岡田美智男:コミュニケーションと感覚価値、鎌田東二編:『モノ学・感覚価値論』、晃洋書房 (2010/12).
  • 岡田美智男:リソースの中に埋め込まれた学び ー 次世代ロボット創出プロジェクトの実践から、『学びの認知科学事典』、大修館書店 (2010).
  • 岡田美智男:人の認知からみたインタラクションのデザイン、松原仁、野田五十樹、松野文俊、稲見昌彦(編):『ロボット情報学ハンドブック』、ナノオプトエナジー(2010).
  • 岡田美智男:モノと者の間にあるもの ― ロボット研究から『モノ学』へのアプローチ、鎌田東二編著『モノ学の冒険』、pp.203-219, 創元社(2009).
  • 岡田美智男:「ヒトのコミュニケーション 〜ロボットの内なる視点から〜」、神戸大学発達科学部編『発達科学への招待』(2008).
論文
  • Khaoula Youssef, Takahiro Asano, P . Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: Sociable Dining Table: Meaning Acquisition Exploration in Knock-Based Proto-Communication, International Journal of Social Robotics, Volume 8, Issue 1, pp 67-84, Springer Netherlands (January 2016). DOI 10.1007/s12369-015-0314-y
  • 蔵田洋平、松下仁美、小田原雄紀、大島直樹、デシルバラビンドラ、岡田美智男:Talking-Ally: 聞き手性をリソースとする発話生成システムの実現にむけて、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.17, No.2, pp.159-170 (2015/5)
  • 野坂竜也、深町建太、竹田・ラ隆、P. Ravindra S. De Silva、岡田美智男:一緒に・U歩するロボット「マコのて」における手を握りあうことの効果について、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.17, No.2, pp.191-200 (2015/5)
  • Naoki Ohshima , Yasuke Ohyama, Yuki Odahara, P. Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: Talking-Ally: The Influence of Robot Utterance Generation Mechanism on Hearer Behaviors, International Journal of Social Robotics, Volume 7, Issue 1, Pages 51-62 (2015/2)
  • 大島直樹,山口雄大,デシルバラビンドラ,岡田美智男: Sociable Spotlight:社会的な関わりの中で構成されるアーティファクトについて, 人工知能学会論文誌, Vol. 29, No. 3-B, pp.288-300 (2014).
  • 三宅泰亮,山地雄土,大島直樹,デシルバラビンドラ,岡田美智男:Sociable Trash Box:子どもたちはゴミ箱ロボットとどのように関わるのか,人工知能学会論文誌 特集論文「ヒューマンエージェントインタラクション(HAI)」, Vol. 28, No. 2, SP-K, pp. 197-209 (2013).
  • 吉池佑太、遠藤高史、福井隆、大島直樹、ラビンドラ デ・シルバ、岡田美智男:フェイス侵害度を考慮した多人数会話の組織化について、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol. 14、No. 4、pp.425-436 (2012).
  • 山口雄大、大島直樹、デシルバ ラビンドラ、岡田美智男: ネットワークを介した促進行為場の生成について、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol. 14、No. 4、pp.415-424 (2012).
  • Naoki Ohshima, Yuta Yamaguchi, P. Ravindra S. De Silva, Michio Okada: Sociable Spotlights: The Symbolic Representation of Interconnectivity for Turn-Taking, ICIC Express Letters, Volume 6, Number 7 (2012).
  • Yuto Yamaji, Taisuke Miyake, Yuta Yoshiike, P. Ravindra S De Silva and Michio Okada: STB:Child-Dependent Sociable Trash Box, International Journal of Social Robotics, Volume 3, Number 4, Pages 359-370 (2011).
  • 吉池佑太、小嶋宏幸、P. Ravindra De Silva、岡田美智男:Mawari: 参加メタファに基づくソーシャルインタフェースの提案、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.13, No.1, pp.1-8 (2011).
  • 鴨田貴紀、角裕輝、竹井英行、吉池佑太、岡田美智男:Sociable Dining Table: 相互適応による「コンコン」インタフェース・ノ向けて、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.12, No.1, pp.57-70 (2010). 第11回 ヒューマンインターフェース学会論文賞
  • 吉池佑太、岡田美智男:ソーシャルな存在とは何か― Sociable PC に対する同型性の帰属傾向について、電子情報通信学会論文誌 Vol.J92-A,No.11,pp.743-751, Nov. 2009.
  • 吉田善紀、吉池佑太、岡田美智男:SociableTrashBox: 子どもたちと一緒にゴミを拾い集めるロボット、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.11, No.1, pp.27-36 (2009).
  • 大島直樹、岡澤航平、本田裕昭、岡田美智男:TableTalkPlus:参与者の共同性や社会的なつながりを引きだすアーティファクトとその効果、ヒューマンインタフェース学会論文誌、Vol.11, No.1, pp.105-114 (2009).
  • 宮本英美、李銘義、岡田美智男:社会的他者としてのロボット:自閉症児―ロボットの関係性の発展、発達心理学研究、Vol.18, No.1, pp.78-87 (2007).
国際会議
  • Yasutaka Takeda, Shotaro Baba, P. Ravindra S De Silva, and Michio Okada: COLUMN: Discovering the User Invented Behaviors Through the Interpersonal Coordination , Proc. of The 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2015), pp. 787-796, Los Angeles, CA-USA, 2-7 August (2015)
  • Nihan Karatas, Soshi Yoshikawa, P. Ravindra S. De Silva and Michio Okada: NAMIDA: Multiparty Conversation Based Driving Agents in Futuristic Vehicle, Proc. of The 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2014), pp. 198-207, Los Angeles, CA-USA, 2-7 August (2015)
  • Hitomi Matsushita, Yohei Kurata, P. Ravindra S De Silva, and Michio Okada: Talking-Ally: What is the Future of Robot's Utterance Generation? The 24th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2015), Kobe International Conference Center, Kobe, Japan, August 31 to Sep 4, 2015 (2015)
  • Nihan Karatas, Soshi Yoshikawa, P. Ravindra S. De Silva and Michio Okada: NAMIDA: Multiparty Conversation Based Driving Agents in Futuristic Vehicle, Proc. of The 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2014), pp. 198-207, Los Angeles, CA-USA, 2-7 August (2015)
  • Yasutaka Takeda, Shotaro Baba, P. Ravindra S De Silva, and Michio Okada: COLUMN: Discovering the User Invented Behaviors Through the Interpersonal Coordination , Proc. of The 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2015), pp. 787-796, Los Angeles, CA-USA, 2-7 August (2015)
  • Yasutaka Takeda, Kohei Yoshida, Shotaro Baba, P. Ravindra S De Silva, Michio Okada: COLUMN: Persuasion as a Social Mediator to Establish the Interpersonal Coordination, Proc. of the Second International Conference on Human-Agent Interaction (iHAI 2014), PP.213, Tsukuba, Japan, October 28-31 (2014).
  • Yasutaka Takeda, Kohei Yoshida, Shotaro Baba, P. Ravindra S De Silva, Michio Okada: COLUMN: Coreless Unformed Machine, Workshop on Robots and Art (Misbehaving Machine) at ICSR2014, Sydney, Australia, October 27-29 (2014) (video submission).
  • Khaoula Youssef, Kouki Yamagiwa, P.Ravindra S. De Silva, Michio Okada: ROBOMO: Towards an Accompanying Mobile Robot, Sixth International Conference on Social Robotics (ICSR2014), PP.206-216, Sydney, Australia, October 27-29 (2014).
  • Khaoula Youssef, P.Ravindra S. De Silva, Michio Okada: Sociable Dining Table: Incremental Meaning Acquisition Based on Mutual Adaptation Process, Sixth International Conference on Social Robotics (ICSR2014), PP.196-205, Sydney, Australia, October 27-29 (2014).
  • Youssef Khaoula, Naoki Ohshima, P. Ravindra S. De Silva and Michio Okada:Concepts and Applications of Human-dependent Robots,Proc. of The 16th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2014),Crete, Greece,22 - 27 June (2014).
  • Nihan Karatas, Nozomi Kina, Daiki Tanaka, Naoki Ohshima, Ravindra De Silva, Michio Okada,Designing Sociable CULOT as a Playground Character,Investigating the Mutual Adaptation Process to Build up the Protocol of Communication,Crete, Greece,22 - 27 June (2014).
  • Nihan Karatas, Nozomi Kina, Daiki Tanaka, Naoki Ohshima, Ravindra De Silva, Michio Okada,Investigating the Mutual Adaptation Process to Build up the Protocol of Communication,Investigating the Mutual Adaptation Process to Build up the Protocol of Communication,Crete, Greece,22 - 27 June (2014).
  • Naoki Yamamoto, Kenta Fukamachi, Yasutaka Takeda, P. Ravindra S De Silva, and Michio Okada: Mako-no-Te: To Explore Side-to-Side Communication through the Intersubjectectivity, Proc. of the First International Conference on Human-Agent Interaction (iHAI 2013), II-2-p14, Sapporo, Japan, August 7-9 (2013).
  • Tatsuya Mori, Shohei Sawada, P. Ravindra S De Silva, and Michio Okada: Social Trash Box Robot: Behavior Parsing and Goal Inferences in Dynamic Interactions, Proc. of the First International Conference on Human-Agent Interaction (iHAI 2013), II-2-3, Sapporo, Japan, August 7-9 (2013).
  • Yuki Odahara, Naoki Ohshima, P. Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: Talking Ally: Toward Persuasive Communication in Everyday Life, Proc. of The 15th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2013), pp. 394-403, Nevada, USA, 21 - 26 July (2013).
  • Yasutaka Takeda, Shohei Sawada, Tatsuya Mori, Kohei Yoshida, Yu Arita, Takahiro Asano, Naoki Ohshima, P. Ravindra De Silva and Michio Okada: Sociable Creatures for Child-Robot Interaction Studies, Proc. of the 8th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction Demonstration Session, HRI'13, March 3-6, Tokyo, Japan. 2013. HRI2013 Honorable Mention Demonstration Award
  • Nozomi Kina, Daiki Tanaka, Naoki Ohshima, P. Ravindra S De Silva and Michio Okada: CULOT: Sociable Creature for Child's Playground, Proc. of the 8th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction, HRI'13, p.407 (March 3-6, 2013).
  • Yuki Odahara, Youhei Kurata, Naoki Ohshima, P. Ravindra S De Silva and Michio Okada: Talking-Ally: Towards Persuasive Communication, Proc. of the 8th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction, HRI'13, p.413 (March 3-6, 2013).
  • Anna T. Broers, Jaap Ham. Ron Broeders, Ravindra De Silva and Michio Okada: Goal Inferences about Robot Behavior - Goal Inferences and Human Response Behaviors, Proc. of the 8th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction, HRI'13, pp.91-92 (March 3-6, 2013).
  • Michio Okada: Social Coordination and Coupling for Designing Human Likeness of Sociable Creatures, Proc. of HRI2013 Workshop on Design of Humanlikeness in HRI from uncanny valley to minimal design, p.5 (2013/3).
  • Naoki Ohshima, Yusuke Ohyama, Yuki Odahara, P. Ravindra S. De Silva and Michio Okada: Talking-Ally: Intended Persuasiveness by the Utilizing Hearership and Addressivity, Proc. of The fourth International Conference on Social Robotics (ICSR2012), pp. 317–326, October 29--31, Chengdu, China (2012).
  • Naoki Ohshima, Yuta Yamaguchi, P. Ravindra S. De Silva, Michio Okada: Sociable Spotlights: Cognitive Artifacts to Enhance Engagement in Conversation, The 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI) 2012, pp. 411-416, August 28-31, 2012, Matsue-city, Shimane, Japan.
  • Yasutaka Takeda, Kohei Yoshida, P. Ravindra S. De Silva, Michio Okada: COLUMN: The Visually Mediated Interpersonal Coordination, The 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI) 2012, pp. 649-650, August 28-31, 2012, Matsue-city, Shimane, Japan.
  • Yu Arita, Shinya Hirota, Yuta Yoshiike, P. Ravindra S De Silva, Michio Okada: SDT: A "KonKon" Interface to Buildup the Connotation Interactions, Proceedings of 7th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction (HRI2012), p.399 , March 5-8, Massachusetts, USA (2012)@ivideo sessionj
  • Yuta Yoshiike, P. Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: MAWARI:A Social Interface to Reduce the Workload of the Conversation, Proc. of International Conference on Social Robotics 2011 (ICSR2011), LNAI7072, pp.11-20, Novemver 24-25, 2011, Amsterdam, The Netherlands.
  • Naoki Ohshima, Yuta Yamaguchi, P. Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: Sociable Spotlights: Cognitive Artifacts to Enhance Engagement in Conversation, Proc. of International Conference on Social Robotics 2011 (ICSR2011), pp.73-76, Novemver 24-25, 2011, Amsterdam, The Netherlands.
  • Naoki Ohshima, Yuta Yamaguchi, P. Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: Sociable Spotlights: Cognitive Artifacts to Enhance Engagement in Conversation, Proc. of The Asia-Pacific Interdisciplinary Research Conference 2011 (AP-IRC 2011), pp.73, November 17-18, 2011, Toyohashi, Japan.
  • Yuta Yoshiike, Takashi Fukui, P. Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: ROBOMO: A Futuristic Personalized-Accompanying Sociable Creature, ICRA2011 Workshop on Robots and Art, Frontiers in Human-Centered Robotics as Seen by the Arts, WS-F-11, May 13, 2011, Shanghai, China.
  • Yu Arita, Taisuke Miyake, Naoki Yamamoto, P.Ravindra S De Silva, and Michio Okada: HINOCO - An Interface to Colligate the Virtual-World and Real-World, Proc. of Virtual Reality International Conference (VRIC 2011), pp.18-19, 6-8 April 2011, Laval, France.
  • Yuta Yoshiike, Hiroyuki Ojima, P. Ravindra S De Silva and Michio Okada: MAWARI: An Interactive Social Interface, 6th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction March 6-9, 2011 Lausanne, Switzerland.
  • Naoki Ohshima, Yuta Yamaguchi, P. Ravindra S De Silva and Michio Okada: Sociable Spotlights: A Flock of Interactive Artifacts (video session), 6th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction March 6-9, 2011 Lausanne, Switzerland.
  • Yasutaka Takeda, Yuta Yoshiike, P. Ravindra S De Silva and Michio Okada: COLUMN:Dynamic of Interpersonal Coordination (video session), 6th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction March 6-9, 2011 Lausanne, Switzerland.
  • Yuto Yamaji, Taisuke Miyake, Yuta Yoshiike, P. Ravindra De Silva and Michio Okada: STB: Intentional Stance Grounded Child-dependent Robot, Proc. of International Conference on Social Robotics (ICSR 2010), November 23-24, Singapore (2010). Best Paper Finalist pdf
  • Yuki Kado, Takanori Kamoda, Yuta Yoshiike, P. Ravindra S. De Silva, and Michio Okada: Reciprocal-Adaptation in a Creature-based Futuristic Sociable Dining Table, Proc. of 19th IEEE International Symposium in Robot and Human Interactive Communication (Ro-Man 2010), Sep. 12-15, Viareggio, Italy (2010). pdf
  • Yasutaka Takeda, Taisuke Miyake, Hironori Uto, Yuta Yoshiike, R.Ravindra De Silva, and Michio Okada: "COLUMN: A Novel Architecture for Transformable Artifact," Proc. of VRIC 2010, pp.271-277, April 7-9, Laval, France. pdf youtube
  • Yuta Yoshiike, P. Ravindra De Silva and Michio Okada: Cues for Sociable PC: Coordinate and Synchronize Its Cues based on User Attention and Activities on Display, Proc. of 5th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction(HRI2010), pp.135-136, March 2-5 2010, Osaka. pdf
  • Yuto Yamaji, Taisuke Miyake, Yuta Yoshiike, P. Ravindra De Silva and Michio Okada: STB: Human-Dependent Sociable Trash Box, Proc. of 5th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction(HRI2010), pp.197-198, March 2-5 2010, Oaka. Best Late-breaking Report pdf
  • Yuki Kado, Takanori Kamoda, Yuta Yoshiike, P. Ravindra De Silva and Michio Okada: Sociable Dining Table: The Effectiveness of a hKonKonh Interface for Reciprocal Adaptation, Proc. of 5th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction(HRI2010), pp.105-106, March 2-5 2010, Osaka. pdf
  • Yuta Yoshiike, Yuto Yamaji, Taisuke Miyake, P. Ravindra De Silva and Michio Okada: Sociable Trash Box, Proc. of 5th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction(HRI2010), p.337, March 2-5 2010, Osaka.(video session)
  • Michio OKADA:How gIndeterminacyh Promotes Social Interaction between Humans and Artificial Creatures, ICPA14: Symposium on Ecological Robotics (2007.7.6).
  • Michio OKADA:gEmbodiment in human-robot interaction and communicationh, Colloque international, Vers une nouvelle philosophie du corps: Centenaire de la naissance de Maurice Merleau-Ponty, Rikkyo University (2008/11).
全国大会・シンポジウム等の発表

2015

  • 吉見 健太, 山際 康貴, 西脇 裕作, P. Ravindra S. De Silva, 岡田 美智男:多人数会話に基づくソーシャルインタフェースにおける会話調整について, ヒューマンインタフェースシンポジウム2015 DVD-ROM論文集, pp.689-692(2015/9/1-4,公立はこだて未来大学)
  • 山本 孝友, 松下 仁美, P.Ravindra S. De Silva, 岡田 美智男:関係論的な発話生成システムにおける学びの双対性について, ヒューマンインタフェースシンポジウム2015 DVD-ROM論文集, pp.699-702(2015/9/1-4,公立はこだて未来大学)
  • 古川真杉, P.Ravindra S. De Silva, 岡田美智男:i-Bones:コミュニケーションにおける子供が行うロボットの行為に対する意味付けについて, ヒューマンインタフェースシンポジウム2015 DVD-ROM論文集, pp.703-706(2015/9/1-4,公立はこだて未来大学)
  • 新保智喝, 吉川宗志, P.Ravindra S. De Silva, 岡田美智男:MoCoMo?:多声性, 宛名性, 対話性を考慮する情報アーキテクチャについて, ヒューマンインタフェースシンポジウム2015 DVD-ROM論文集, pp.743-746(2015/9/1-4,公立はこだて未来大学)
  • 吉川 宗志, Nihan Karatas, P.Ravindra S. De Silva, 岡田 美智男:多人数会話型ドライビングエージェントとそのパースエイシブネス, ヒューマンインタフェースシンポジウム2015 DVD-ROM論文集, pp.841-848(2015/9/1-4,公立はこだて未来大学)
  • 伊藤 夏樹, 佐々木 直人, 竹田 泰隆, デシルバ ラビンドラ, 岡田 美智男: Pelat Computing : フラフラ・ヨタヨタが引き出す〈ちから〉について, Entertainment Computing2015 論文集,pp.487-492 (2015/9/25-27)
  • 香川 真人,馬場 翔太朗,竹田 泰隆,デシルバ ラビンドラ, 岡田 美智男:パネル型ロボット<INAMO>を介した相互的な遊びの構成について, Entertainment Computing2015 論文集,pp.447-451 (2015/9/25-27)
  • 佐々木 直人, 伊藤 夏樹, 竹田 泰隆, 岡田 美智男: Pelat : おぼつかない振る舞いに備わる〈ちから〉の探究, Human-Agent Interaction シンポジウム 2015 (HAI-2015) 論文集, pp. 212-215(2015/12/5-6, 東京大学 駒場キャンパス)
  • 新保智喝, 吉川 宗志, 岡田 美智男: MoCoMo?:宛名性,対話性,多声性を考慮した情報提示システムとインタラクション, Human-Agent Interaction シンポジウム 2015 (HAI-2015) 論文集, pp. 203-207(2015/12/5-6, 東京大学 駒場キャンパス)
  • 山本孝友, 松下仁美, 岡田美智男:子どもの手助けを引き出しながら 共同想起を進めるロボット(Talking-Ally II) ,Interaction シンポジウム 2015 (HAI-2015) 論文集, pp. 208-211(2015/12/5-6, 東京大学 駒場キャンパス)
  • 吉川 宗志, Nihan Karatas, 岡田 美智男:NAMIDA: ドライバーとエージェントとのパーシエイシブなインタラクションにむけて,Interaction シンポジウム 2015 (HAI-2015) 論文集, pp. 185-191(2015/12/5-6, 東京大学 駒場キャンパス)

2014

  • 佐田 和也, 川上 悟, P.Ravindra S. De Silva, 岡田 美智男: Sociable Trash Box:ゴミ箱ロボットが社会性を備えるとは?, 第12回情報学ワークショップ(WiNF2014) 論文集, pp. 17-20 (2014/11/29)
  • 伊藤 夏樹, 堀田 大地, 竹田 泰隆, P.Ravindra S. De Silva, 岡田 美智男: Pelat:おぼつかない振る舞いが生み出す「場」について, 第12回情報学ワークショップ (WiNF2014) 論文集, pp. 191-196 (2014/11/29)
  • 川上 悟, 佐田 和也, P.Ravindra De Silva, 岡田 美智男: 子どもたちのコミュニティに対するゴミ箱ロボットの参加方略について, ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 DVD-ROM論文集, pp. 619-624 (2014/9/9-12)
  • 伊藤 夏樹, 堀田 大地, 竹田 泰隆, P.Ravindra De Silva, 岡田 美智男: Pelat:ロボットのおぼつかない振る舞いに立ち現れる生き物らしさ, ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 DVD-ROM論文集, pp. 605-610 (2014/9/9-12)
  • 野坂 竜也, 深町 建太, 竹田 泰隆, P.Ravindra De Silva, 岡田 美智男: 一緒に散歩するロボット「マコのて」における手をつなぎ合うことの効果, ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 DVD-ROM論文集, pp. 83-88 (2014/9/9-12)
  • 深町 建太, 野坂 竜也, 竹田 泰隆, P.Ravindra De Silva, 岡田 美智男: マコのて:手をつなぎ一緒に歩く共感的なインタフェースに向けて, ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 DVD-ROM論文集, pp. 599-604 (2014/9/9-12)
  • 松下 仁美, 蔵田 洋平, 新保 智喝, P.Ravindra De Silva, 岡田美智男: Talking-Ally:聞き手性に配慮した発話に備わる説得性について, ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 DVD-ROM論文集, pp. 77-82 (2014/9/9-12)
  • 蔵田 洋平, 松下 仁美, 新保 智喝, P.Ravindra De Silva, 岡田 美智男: Talking-Ally:発話において志向性の表示が聞き手に与える影響について, ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 DVD-ROM論文集, pp. 624-627 (2014/9/9-12)
  • 上原孝紀,山際康貴,蔵田洋平,吉見健太,P.Ravindra S. De Silva,岡田美智男:多人数会話への参加に基づくソーシャルインタフェースとそのグラウンディング手法,ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 DVD-ROM論文集,pp. 629-634 (2014/9/9-12).

2013

  • 野坂竜也,深町建太,竹田泰隆,P.Ravindra S. De Silva,岡田美智男: 一緒に散歩するロボット「マコのて」における手の握り機構について, Human-Agent Interaction シンポジウム 2013 (HAI-2013) 論文集, P9 (2013/12/7-8, ・阜大学 駅前サテライトキャンパス)
  • 山際康貴,上原孝紀,蔵田洋平,大島直樹,P. Ravindra De Silva,岡田美智男: Talking-Ally: 多人数会話に基づくソーシャルインタフェースにおける身体配置の調整について, Human-Agent Interaction シンポジウム 2013 (HAI-2013) 論文集, P7 (2013/12/7-8, 岐阜大学 駅前サテライトキャンパス)
  • 蔵田洋平,小田原 雄紀,松下仁美,大島直樹,P.Ravindra S. De Silva,岡田美智男: Talking-Allyにおける宛名性の表示機構について, Human-Agent Interaction シンポジウム 2013 (HAI-2013) 論文集, P8 (2013/12/7-8, 岐阜大学 駅前サテライトキャンパス)
  • 上原孝紀,山際康貴,蔵田洋平,大島直樹,P. Ravindra De Silva,岡田美智男: 多人数会話への参加に基づくソーシャルインタフェースのデザインとその実装について, Human-Agent Interaction シンポジウム 2013 (HAI-2013) 論文集, I-2 (2013/12/7-8, 岐阜大学 駅前サテライトキャンパス)
  • 小田原雄紀,蔵田洋平,松下仁美,大島直樹,P. Ravindra S. De Silva, 岡田美智男: Talking-Ally: 聞き手性と宛名性に配慮した発話生成システムについて, Human-Agent Interaction シンポジウム 2013 (HAI-2013) 論文集, I-3 (2013/12/7-8, 岐阜大学 駅前サテライトキャンパス)
  • 高羽雄太, 田中大希, デシルバラビンドラ, 岡田美智男: i-Bones:子どもたちのロボットに対する構えを探る, 情報学ワークショップ2013(WiNF2013)論文集 pp. 185-188 (2013/12/1).
  • 馬場翔太郎, 吉田広平, 竹田泰隆, P. Ravindra S. De Silva, 岡田美智男: INAMO: ロボットと人と環境が生み出す新たなインタラクティブパズル, エンターテインメントコンピューティングシンポジウム(EC)2013論文集 pp. 221-226(2013/10/4-6).
  • 吉田広平, 馬場翔太郎, 竹田泰隆,デシルバラビンドラ, 岡田美智男: INAMO: アドホックなコミュニケーションを生み出す共創的インタフェースに向けて, ヒューマンインタフェースシンポジウム2013論文集 1508D(2013/9/10-13).
  • 蔵田洋平, 小田原雄紀, 松下仁美, 大島直樹, デシルバラビンドラ, 岡田美智男: Talking-Ally:聞き手性と宛名性に配慮し・ス発話生成システム実現にむけて, ヒューマンインタフェースシンポジウム2013論文集 2502D(2013/9/10-13).
  • 堀田大地,伊藤 夏樹,竹田泰隆,P.Ravindra De Silva,岡田 美智男:Pelat:おぼつかない振る舞いを特徴とするロボットと人との関わりについて, ヒューマンインタフェースシンポジウム2013論文集 2527P(2013/9/10-13).
  • 山際 康貴, 上原 孝紀, 蔵田 洋平, 大島 直樹, P. Ravindra De Silva, 岡田 美智男: 多人数会話への参加に基づくソーシャルインタフェースとそのデザイン, ヒューマンインタフェースシンポジウム2013論文集 1512D(2013/9/10-13).
  • 浅野貴大, カワラユセフ, デシルバラビンドラ, 岡田美智男: ノックを介したヒト同士の相互適応に基づくシンボルの獲得・共有プロセス, ヒューマンインタフェースシンポジウム2013論文集, 2123L (2013/9/10-13).

2012

  • 山本直輝、深町建太、竹田泰隆、P. Ravindra De Silva、岡田美智男:マコのて:「並ぶ関係」に基づく人とロボットのコミュニケーションの可能性を探る、Human-Agent Interaction シンポジウム 2012 (HAI-2012) 論文集、2C-1 (2012).
  • 竹田泰隆、吉田広平、P. Ravindra De Silva、岡田美智男:心を1つに:マルチエージェント型アバターの構築とその応用、Human-Agent Interaction シンポジウム 2012 (HAI-2012) 論文集、2D-13 (2012).HAI-2012 Impressive Experience Award
  • 田中大希、P. Ravindra De Silva、岡田美智男:Peepho: ロボットとの関わりの中からたち現れる子どもたちの表情を捉える試み、Human-Agent Interaction シンポジウム 2012 (HAI-2012) 論文集、2D-14 (2012).
  • 小田原雄紀、蔵田洋平、大島直樹、P.Ravindra S. De Silva、岡田美智男:Talking-Ally: 聞き手性をリソースとする発話生成系の実現にむけて、Human-Agent Interaction シンポジウム 2012 (HAI-2012) 論文集、2E-2 (2012).
  • 堀田大地、 山本直輝、 P. Ravindra De Silva、 岡田美智男:Pelat: おぼつかない動きに引き出される子どもたちの構えについて、第10回 情報学ワークショップ (WiNF 2012)、pp. 129-132 (2012).
  • 上原孝紀、大島直樹、P. Ravindra De Silva、岡田美智男:ソーシャルインタフェースの実現に向けた多人数会話の組織化について、第10回 情報学ワーク・Vョップ (WiNF 2012)、pp. 133-138 (2012).第10回情報学ワークショップ WiNF 2012 奨励賞
  • 深町建太、 山本直輝、 P. Ravindra De Silva、 岡田美智男: マコのて:一緒に並んで歩くロボットの実現に向けて、第10回 情報学ワークショップ (WiNF 2012)、pp. 147-152 (2012).
  • 森達哉、三宅泰亮、デシルバラビンドラ、岡田美智男:子どもとロボットに生まれる固有距離とその推定、平成24年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集、D1-5 (2012).
  • 蔵田洋平、小田原雄紀、大島直樹、デシルバラビンドラ、岡田美智男:Talking-Ally:聞き手と一緒に発話を組織する発話生成系の研究、平成24年度電気関係学会東海支部連合大会講演論文集、D1-6 (2012).
  • 吉田広平、竹田泰隆、デシルバラビンドラ、岡田美智男:個人間協調を引きだすソーシャルメディエータ、ヒューマンインタフェースシンポジウム2012論文集、1527D、pp. 331-334 (2012).優秀プレゼンテーション賞
  • 竹田泰隆、吉田広平、P Ravindra De Silva、岡田美智男:COLUMN:個人間での協調を引き出す「もどかしさ」について、ヒューマンインタフェースシンポジウム2012論文集、1412L、pp. 167-172 (2012).
  • 澤田翔平、森達哉、デシルバラビンドラ、岡田美智男:Sociable Trash Box:「内なる視点」からの参与観察について、ヒューマンインタフェースシンポジウム2012論文集、1528D、pp. 335-338 (2012).
  • 田中大希、デシルバラビンドラ、岡田美智男:Peepho:子供たちのオリジナルな表情を生み出すロボットのようなカメラについて、ヒューマンインタフェース・Vンポジウム2012論文集、1526D、pp. 327-330 (2012).
  • 小田原雄紀、蔵田洋平、大島直樹、デシルバラビンドラ、岡田美智男:Talking-Ally:聞き手と一緒に発話を組織する発話生成システムについて、ヒューマンインタフェースシンポジウム2012論文集、1411L、pp. 161-166 (2012).
  • 岡田美智男:関係論的なロボット—他力本願なロボットとその可能性、日本生態心理学会第4回大会発表論文集、pp.98-101 (2012.7).
  • 浅野貴大、有田悠、P. Ravindra De Silva、岡田美智男:Sociable Dining Table:ノック音の分節化プロセスについて、日本生態心・搖w・・・回大会発表論文集、pp.28-29 (2012).

2011

  • 三宅泰亮,森達哉,吉田紀子,吉池佑太,P. Ravindra S. De Silva,岡田美智男: なんだコイツは?−子どもたちはゴミ箱ロボットをどのような存在として捉えたのか, HAIシンポジウム2011論文集,I-2B-1 (2011/12/3-5).
  • 山本直輝,田中大希,吉池佑太,P. Ravindra De Silva,岡田美智男: マコのて:「並ぶ関係」に基づくロボットとの共感的なコミュニケーションにむけて, HAIシンポジウム2011論文集,III-1A-1 (2011/12/3-5).
  • 有田悠,廣田真也,吉池佑太,P.Ravindra De Silva,岡田美智男: Sociable Dining Table: 「コンコン」インタフェースにおける相互適応プロセスの分析, HAIシンポジウム2011論文集,III-2A-1 (2011/12/3-5).
  • 有田悠,廣田真也,吉池佑太,P.Ravindra De Silva,岡田美智男: Sociable Dining Table: 原初的なシンボル獲得・共有に向けた相互適応プロセスの研究、第9回 情報学ワークショップ (2011/11/25). 第9回情報学ワークショップ WiNF 2011 優秀賞
  • 吉池佑太: 子どもたちはゴミ箱ロボットとどのように関わるのか?―フィールドワークからの知見とその考察―,日本心理学会第75回大会,ワークショップ「発達支援者としてのお友達ロボットの・ツ能性」(2011/09/16).
  • 廣田真也,有田悠, 吉池佑太,P. Ravindra De Silva,岡田美智男:「コンコン」インタフェースにおける相互適応プロセスの分析,ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集,pp.831-834, (2011/9/13-16, 仙台国際センター)
  • 喜納希美・C三宅泰亮,吉池佑太,P. Ravindra De Silva,岡田美智男:Sociable Playground: 関係論的なインタフェースとしての遊びの場をデザインする,ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集,pp.835-838, (2011/9/13-16, 仙台国際センター)
  • 吉田紀子,三宅泰亮,吉池佑太,P. Ravindra De Silva,岡田美智男:Sociable Trash Box:子どもたちはゴミ箱ロボットをどう捉えたのか - パーソナルスペースを手掛かりとして -,ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集,pp.567-570, (2011/9/13-16, 仙台国際センター)第13回ヒューマンインタフェース学会学術奨励賞
  • 森達哉,三宅泰亮,吉池佑太,P. Ravindra De Silva,岡田美智男:Sociable Trash Box: 子供たちのアシストを引き出すための振舞いのデザインについて,ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集,pp. 857-860, (2011/9/13-16, 仙台国際センター)
  • 大山雄佑,石川剛央,巽孝介,P. Ravindra De Silva,岡田美智男:聞き手の「聞き手性」をリソースとする発話のデザインについて,ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集,pp.661-664, (2011/9/13-16, 仙台国際センター)
  • 大島直樹, 山口雄大, デシルバラビンドラ, 岡田美智男:Sociable Spotlight: コミュニケーションの「場」に対する構成的理解に向けて, ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS)&ヴァーバル・ノンヴァーバルコミュニケーション研究会(VNV)合同研究会, 信学技法, Vol.111, No.190, pp.33-38, (2011/8/26-27, 京都大学).
  • 吉池佑太,有田悠,P. Ravindra De Silva,岡田美智男:Tong Tong Phone: 「トントン」インタフェースによるコミュニケーションデザイン、2011年度人工知能学会全国大会、1C2-OS4b-11 (2011/6).
  • 山口 雄大、大島 直樹、巽 孝介、P. Ravindra De Silva、岡田 美智男:NEXUS+ :ネットワークを介した仮想クリーチャの共有による他者とのつながり感の創出、インタラクション2011 (2011/3).
  • 竹田 泰隆、吉池 佑太、P. Ravindra De Silva、岡田 美智男:COLUMN:「もどかしさ」を媒介としたロボティックメディア、インタラクション2011 (2011/3).
  • 福井 隆、遠藤 高史、吉池 佑太・AP. Ravindra De Silva、岡田美智男:Gamagori-Mikan Robot:ソーシャルメディエータとしての多人数会話の場の生成について、インタラクション2011 (2011/3).
2010
  • 吉池佑太、P. Ravindra De Silva、岡田美智男:多人数会話の場に基づくソーシャルインタフェースの提案とその応用、HAIシンポジウム2010 資料集 (in USB memory), 1B-3 (2010/12).HAI-2010 Outstanding Research Award 優秀賞
  • 大島直樹,山口雄大,P. Ravindra De Silva,岡田美智男:Sociable Spotlight: スポットライトはエージェンシーを・烽ソ得るか - 傍観者としての参与の可能性、HAIシンポジウム2010 資料集(in USB memory), 2B-1 (2010/12).
  • 吉池佑太, 竹田泰隆, P. Ravindra De Silva, 岡田美智男: Column: 個人間でのコーディネーションプロセスを探る一つの試み, 日本生態心理学会第3回大会 (2010/9/11-12).
  • 大島直樹, 山口雄大, P. Ravindra De Silva, 岡田美智男: 社会的相互行為を媒介するアーティファクトについて,日 本生態心理学会第3回大会 (2010/9/11-12).
  • 角裕輝, 有田悠, 吉池佑太, P. Ravindra De Silva, 岡田美智男: 社会文化的および身体的制約にガイドされた相互適応プロセスについて,日本生態心理学会第3回大会 (2010/9/11-12).
  • 角裕輝, 鴨田貴紀, 吉池佑太, P. Ravindra De Silva, 岡田美智男: Sociable Dining Table: 「コンコン」インタフェースにおける相互適応について‐人と人との相互適応実験からの考察‐, 日本認知科学会第27回大会 (2010/9/17-19, 神戸大学) (ポスター).
  • 三宅泰亮, 山地雄土, 吉池佑太, P. Ravindra De Silva, 岡田美智男:ゴミ箱ロボットと子どもたちとの関わりについ て‐群れるゴミ箱ロボットと単独のゴミ箱ロボットとの違いに着目して‐,日本認知科学会第27回大会 (2010/9/17-19, 神戸大学) (ポスター).
  • 吉池佑太, P. Ravindra De Silva, 岡田美智男: TongTongInterface: リテラシーフリーなユニバーサルインタ フェースに向けて,ヒューマンインタフェースシンポジウム2010 (2010/9/7-10, 立命館大学).
  • 田中大希, 吉田幸太郎, 吉池佑太, P. Ravindra De Silva, 岡田美智男: Peepho: 関係の中から表情を生み出すロ ボットのようなカメラ,ヒューマンインタフェースシンポジウム2010 (2010/9/7-10, 立命館大学) (ポスター).
  • 宇都裕紀, 遠藤高史, P. Ravindra De Silva, 岡田美智男 (豊橋技術科学大学),大林真人,塚原裕史,吉澤 顕(デン ソーアイティーラボラトリ):多人数インタラクションに基づくドライビングエージェントの構築,ヒューマンインタフェースシンポジウム2010 (2010/9/7-10, 立命館大学) (ポスター).
  • 山本直輝, 吉池佑太, P. Ravindra De Silva, 岡田美智男: マコのて:「並ぶ関係」に基づく共感的なインタフェース の構築に向けて,ヒューマンインタフェースシンポジウム2010 (2010/9/7-10, 立命館大学) (ポスター).
  • 大島直樹・岡澤航平・岡田美智男:Sociable Spotlight : 会話の場に参入する気ままなクリーチャ, イ・塔^ラクション2009 インタラクティブ発表(デモ部門) (2010/3).
2009
  • 鴨田貴紀、竹井英行、角 祐輝、岡田美智男:Sociable Dining Table:家族の仲をとりもつ「コンコン」インタフェースの提案、インタラクション2009 (2009/3).
  • 吉田善紀、吉池佑太、岡田 美智男:群れをなす Sociable Trash Box : 子どもたちとの緩やかな共同性を 生み出すインタラクション空間のデザイン、インタラクション2009 (2009/3).
  • 岡澤航平、大島直樹、岡田 美智男:TableTalkPlusによる会話の「場」のデザイン、インタラクション2009 (2009/3).
  • 吉池佑太、岡田 美智男:社会的存在価値を指向するソーシャルインタフェースの提案、インタラクション2009 (2009/3).
  • 岡澤 航平, 大島 直樹, 宇都 裕紀, 岡田 美智男:TableTalkPlus:参与者の共同性を引き出すインタラクティブコンテンツとそのデザイン、ヒューマンインタフェースシンポジウム2009 (2009/9/2-4).
  • 小嶋 宏幸, 岡田 美智男:Mawari:多人数会話の「緩やかさ」を利用したソーシャルインタフェース、ヒューマンインタフェースシンポジウム2009 (2009/9/2-4).
  • 山地雄土, 三宅泰亮, 吉田善紀, 吉池佑太, 岡田美智男:群れるゴミ箱ロボット:緩やかな共同性とその社会的存在としての帰属、ヒューマンインタフェースシンポジウム2009 (2009/9/2-4).
  • 吉田 幸太郎, 中村 那大, 吉池 佑太, 岡田 美智男:Activits:ミニマルな活動履歴の共有に基づくつながり感の創出に向けて、ヒューマンインタフェースシンポジウム2009 (2009/9/2-4). activits.pdf
  • 鴨田 貴紀, 角 裕輝, 竹井 英行, 吉池 佑太, 岡田 美智男:Sociable Dining Table: 「コンコン」インタフェースに向けた相互適応手法の検討、ヒューマンインタフェースシンポジウム2009 (2009/9/2-4).
  • 福井 隆, 竹井 英行, 竹田 泰隆, 岡田 美智男:GamagoriMikanRobot: 人と人とのつながりを引き出すソーシャルメディエータを目指して、ヒューマンインタフェースシンポジウム2009 (2009/9/2-4).
  • 大島直樹・岡澤航平・岡田美智男:TableTalkPlus:多人数会話を媒介するインタラクティブコンテンツとその会話に与える影響について、電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG) ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 (HCS) HCS2009-49、pp.5-10 (2009/10/8). HCS.pdf
  • 山地 雄土, 三宅 泰亮, 吉池 佑太, 岡田 美智男:弱さをチカラに:ゴミ箱ロボット(Sociable Trash Box)と子どもたちとの関わりを探る,HAIシンポジウム2009 (2009/12/4-5).
  • 角裕輝,鴨田貴紀,吉池佑太,岡田美智男:Sociable Dining Table:「コンコン」インタフェースに向けた相互適応モデルの検討,HAIシンポジウム2009 (2009/12/4-5).
  • 吉池佑太,岡田美智男:そばにいるね:“並ぶ関係”に基づくSociable PCとのインタラクションについて,HAIシンポジウム2009 (2009/12/4-5).
2008
  • 中村那大、吉池佑太、小嶋宏幸、岡田美智男:ライフログを媒介としたソーシャルネットワーキングの検討、第13回高専シンポジウム in 久留米 予稿集 I-4, p.210 (2008/1/26-27).
  • 平野峰義、吉池佑太、岡田美智男:リズムの共有を介した人とロボットとの原初的コミュニケーション、第13回高専シンポジウム in 久留米 予稿集 I-5, p.211 (2008/1/26-27).
  • 吉田 善紀,椹口 敏広,岡田 美智男:Sociable Trash Box : ”弱さのチカラ”に基づくインタラクションデザインとその応用,インタラクション2008,インタラクティブ発表169 (2008/3/3).
  • 吉池 佑太,岡田 美智男:Sociable PC:パソコンのようなロボット/ロボットのようなパソコン,インタラクション2008,ポスター発表116 (2008/3/4).
  • 岡田美智男:「次世代ロボット創出プロジェクト」の目指すもの,第一回公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」資料集 (2008/3/8).
  • 吉池 佑太,安田朋広,春川涼,吉田幸太郎:Sociable PC:ヒトとモノとの「並ぶ関係」を目指して,第一回公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」資料集 (2008/3/8).
  • 竹井英行、吉池佑太、中村那大、吉田善紀:Sociable Dining Table〜テーブルの上に棲まうもう一つの家族〜、第一回公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」資料集 (2008/3/8).
  • 竹井英行、孫林玉,福井隆,山地雄土:蒲郡みかんロボットプロジェクト、第一回公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」資料集 (2008/3/8).
  • 吉池佑太、吉田善紀、岡田美智男:ロボットの「ヒトらしさ」について、日本生態心理学会第二回大会(2008.8).
  • 岡澤航平、大島直樹、角裕輝、吉池佑太、岡田美智男:会話のダイナミクスとその視覚化について、日本生態心理学会第二回大会(2008.8).
  • 岡澤航平、大島直樹、角裕輝、岡田美智男:VelicitA:参加者の共同性を引き出すインタラクションデザイン、ヒューマンインタフェースシンポジウム資料集(2008.9).
  • 小嶋宏幸、福井隆、岡田美智男:Mawari:多人数会話への参加に基づくソーシャルインタフェース、ヒューマンインタフェースシンポジウム資料集(2008.9).
  • 中村那大、吉池佑太、岡田美智男:ライフログの共有に基づくソーシャルメディエータについて、ヒューマンインタフェースシンポジウム資料集(2008.9).
  • 吉池佑太、山地雄土、岡田美智男:ソーシャルな存在とは何か ー Sociable PCとその社会性の帰属について、ヒューマンインタフェースシンポジウム資料集(2008.9).
  • 吉田善紀、鴨田貴紀、吉池佑太、岡田美智男:弱さをチカラにして:ゴミ箱ロボットへのアシスト行為の誘発、ヒューマンインタフェースシンポジウム資料集(2008.9).
  • 竹井英行、角裕輝、鴨田貴紀、岡田美智男:Sociable Dining Table:リテラシーフリーな「コンコン」インタフェースに向けて、ヒューマンインタフェースシンポジウム資料集(2008.9).
  • 平野峰義、吉池佑太、岡田美智男:Sociable Groove:「ノリ」を介して引き出さ・黷驫エ受性の作用、ヒューマンインタフェースシンポジウム資料集(2008.9).
  • 大島直樹、岡澤航平、吉池佑太、岡田美智男:人と人との関わりを引きだすソーシャルメディエータのデザインとその応用、Assistive Technology & Augmemtative Communication Conference 2008 in KYOTO (2008.12.6-7).
  • 木村秀生、平井 清、郷間英世、岡田美智男:関係発達論的インタフェースとして開発中のロボットを用いたコミュニケーション発達支援の試行、Assistive Technology & Augmemtative Communication Conference 2008 in KYOTO (2008.12.6-7).
  • 吉池佑太、吉田善紀、岡澤航平、岡田美智男:コミュニケーションの「場」に対する構成的アプローチ、電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS) 第2回HCSワークショップ (2008/11/23-24).
2007
  • 小嶋宏幸、吉池佑太、森下千識、岡田美智男:机の上にミニチュア社会を作る:・Q加メタファに基づくインタフェース空間の創出を目指して、ヒューマンインタフェースシンポジウム (2007).
  • 吉池佑太、小嶋宏幸、森下千識、岡田美智男Sociable Interface:「並ぶ関係」としてのインタフェース空間の創出、ヒューマンインタフェースシンポジウム (2007).
  • 竹井英行、吉池佑太、中村那大、吉田善紀、岡田美智男:Sociable Dining Table:テーブルの上に棲まうもう一つの家族、ヒューマンインタフェースシンポジウム (2007).
  • 吉田善紀、小嶋宏幸、吉池佑太、岡田美智男:Sociable Trash Box:ヒトとゴミ箱との相互構成的な関係を探る、ヒューマンインタフェースシンポジウム (2007).
  • 岡田美智男:論文誌周辺におけるジレンマとプロスペクティブな研究論文について、ワークショップ:HI研究を論文にまとめる〜著者・査読者・学会の立場から、ヒューマンインタフェースシンポジウム (2007).
コンテストなどへの応募
  • Best Paper Award - Finalist, The 24th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2015) :Hitomi Matsushita, Yohei Kurata, P. Ravindra S De Silva, and Michio Okada: "Talking-Ally: What is the Future of Robot's Utterance Generation?"
  • HAI2014 Impressive Poster Award :伊藤 夏樹, 堀田 大地, 竹田 泰隆, P.Ravindra S. De Silva, 岡田 美智男: Pelat:おぼつかない振る舞いが生みだす「場」の構成原理を探る
  • Soshi Yoshikawa, Nihan Karatas, P. Ravindra S.De Silva, Michio Okada:NAMIDA: A Social Cloud-based Futuristic Driving Agent , 6th Robot Design Competition, The six International Conference on Social Robotics, (ICSR2014), Selected as competition finalist
  • Toppars 〜必死な気持ち〜(豊橋技術科学大学 チーム:無病息災倒立紳士):国際学生対抗バーチャルリアリティコンテストIVRC2013 予選大会 : 7位入賞,プレ・[・塔eーション審査:5位入賞
  • Daiki Tanaka, Takahiro Asano, P. Ravindra S.De Silva, Michio Okada: Peepho-Towards A Future Social Eyepiece, 3rd Robot Design Competition, The fourth International Conference on Social Robotics (ICSR2012) BEST ROBOT DESIGN 賞
  • ICSR 2011 2nd Robot Design Competition ("INAMO - Towards a Future Imaginery Navigator", Japan)
  • INAMO: 離合集散をくりかえすパネル型ロボット群, 第19回国際学生バーチャルリアリティコンテスト(IVRC 2011), 日本科学未来館 (2011/5/27)
  • HINOCO:第18回国際学生バーチャルリアリティコンテスト(IVRC2010), 日本科学未来館 (2010/10/22-25) 岐阜VR大賞(第3位), DCEXPO ConTEX賞
  • Column Gear 〜ぼくのからだがうごくまで〜:第17回国際学生バーチャルリアリティコンテスト(IVRC2009), 日本科学未来館 (2009/8/23-25) 岐阜VR大賞(第3位), Laval Virtual Award
  • Sociable Dining Table:第14回国際学生バーチャルリアリティコンテスト(IVRC2006), 日本科学未来館 (2006/9/29-30)
関連展示

2015

  • WIRED X DESIGN ワークショップ「弱いロボット」のつくりかた:トークイヴェント&体験会(2015/5/16)
  • 第42回 国際福祉機器展(10/7-10/9, 東京ビッグサイト)
  • あいち次世代ロボットフェスタ(11/27-28)
  • 弱いロボットと10のストーリー ワークショップ, loftwork.com (2015/12/19)

2013

  • Invited Demonstration of the First International Conference on Human-Agent Interaction (Hokkaido University, Sapporo, Japan, August 7-9 2013)
  • 2013国際ロボット展 (2013/11/6-9)

2012

  • 『第9回 Business Link 商賣繁盛 at NAGOYA DOME』(名古屋市ナゴヤドーム, 2012/1/18-19)
  • 豊橋市松山小学校PTA教養講座『ロボットとあそぼう&びっくりサイエンス』(松山小学校体育館でのデモ展示,2012/11/3)
  • 京都造形芸術大学ロボットプロジェクト展『未来型ロボットプロジェクト2012』(平成24年度 京都造形芸術大学「秋のオープンキャンパス」—人間館NA403,2012/9/22-23)

2011

  • 「第30回さわらび文化祭」, 福祉村病院・豊橋市 (2011/11/3)
  • 「未来志向のロボットデザインプロジェクト展」, 京都造形芸術大学 (2011/8/18-19)
2010
  • デジタルコンテンツEXPO2010 (2010/10/13-17)
  • 豊川市屋台村イベント・おいでん横丁, 豊川市諏訪商店街振興組合・豊川市 (2010/8/7-8)
  • 第3回公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」(2010/3)
2009
  • あいROBO応援キャラバン,福祉村病院 (2009/12/14)
  • テックスビジョン09ミカワ(2009/10/16)
  • ロボワールド2009 (2009/7/25-27)
  • 第2回公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」(2009/3).
2008
  • 豊橋市子ども未来館オープニングイベント (2008/8/9-10).
  • 第一回公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」,デモ&ポスターセッション (2008/3/8).
2007
  • Muu, ゴミ箱ロボット, Sociable Lamp, Sociable PC:新川小学校 親子の集い <新川何でも探検隊> 〜体験して学ぼう!!色々な技術・職業〜 (2007/9/22)
  • Sociable PC:Good Design Presentation 2007 (2007/8/24-26).
  • 少年少女発明クラブ 豊橋市視聴覚教育センター、(2007/8/4).
  • Muu:湖西市立白須賀小学校 「ふれあい科学の集会」(2007/6/8).
  • Muu:渋谷電力館 (2007/3/23-24).
雑誌・新聞・テレビ報道等
2016
  • 名古屋テレビ「反転の光」「弱いロボット」が伝えてくれるメッセージとは?人とロボットとの「寄り添える」関係 (2016/5/1)
2015
  • amu EVENT REPORT「弱いIA」の可能性――World IA Day 2015 Japan vol.1(2016/01/20)
  • BSフジ 『プライムニュース』 「ロボットに新たな使命 終着点は“不完全”?」(2015/12/03)
  • TOKYO FM 「未来授業」第882-885回 『掃除をしたのは、お掃除ロボットか、それとも人か』ほか(2015/10/5-8)
  • Researchmap 「つながるコンテンツ」ー 頼りなさが生み出すもの 弱いロボットのちから(2015/10/1)
  • NHK 名古屋放送局、おはよう東海 リポート 「弱々しいロボットの力とは」(2015/8/10)
  • 日本テレビ SENSORS 「弱いロボット」が生む人間との新しい関係とは(2015/6/13)
2014
  • 『子とともに ゆう&ゆう』10月号  愛知県教育振興会 「弱いロボット」を通して (インタビュー・今月の人) (2014/10)
  • ちゃぐりん 「弱いロボットが未来をひらく」(2014/10/1)
  • デジタルイミダス、集英社 なぜ「弱いロボット」を研究するのか ――人とロボットの共生社会を探る、イミダス解体新書 (2014/9/12)
  • BSフジ ガリレオX 「 ロボットとどう付き合うか? 関わりから探る“人とロボットの生態学”」(2014/7/27)
  • 仏教の生活 「弱いロボット」から教わること(2014/7/20)
  • JAPAN QUALITY REVIEW, JQR No.22 特集:"弱い"を"強い"に・キる発想、pp.16-17 (2014/7)
  • NHK BSプレミアム 「ここまでスゴイ! 驚きのロボット大集合」(2014/6/28)
  • 放送大学 共通科目 「日常生活のデジタルメディア」 J健康とデジタルメディア(2014/6/17)
  • 朝日新聞デジタル WEBRONZA+環境・科学(2014/6/17)
  • 中日こどもウィークリー 1・3面 「写真を遊ぶぅ きょうの1面って?」(2014/4/5)
  • 中日新聞 土曜別刷版「be」、フロントランナー 「弱いロボット」が教えること(2014/2/15)
2013
  • CNET.com (2013/11/14)
  • gizmag.com (2013/11/13)
  • 京都新聞「凡語」(2013/7/21)
  • NHK WORLD 「DESIGN TALKS」(2013/7/11)
  • 岡田美智男インタビュー、「弱い」ロボットが新しい「人間観」を切り開く、日立製作所 オープンミドルウェアレポート、vol.63, (Jul.2013)
  • ZEIT Online (2013/3/10)
  • デアゴスティーニ・ジャパン 『週刊ロビ』(2013)
  • 東日新聞(2013/3/10) 「ユニークな動き興味満点」
  • 中日新聞(2013/3/10) 「豊橋技科大生ら労作のロボット」
  • 『弱いロボット』関連の書評,他
  • 北海道新聞(2013/1/6) 現代読書灯・書評(杉山滋朗) 「地球が成り立つ仕組み 細胞から機械まで探求」
  • 聖教新聞 文化欄 (2013/1/22)
  • 訪問看護と介護(医学書院),2013年1月号,甲田 克志(医療法人社団ナラティブホーム副理事長)
  • 月刊みすず 1・2月合併号(2013/2/1) 読書アンケート特集 (中井久夫,大谷卓史)
  • 人工知能学会誌(2013/3) 書評(竹内勇剛)
  • ヒューマンインタフェース学会誌(2013/2) 書評(西山高史)
2012
  • 大学グループ 編著,『豊橋技術科学大学01(日経BPムック「変革する大学」シリーズEX )』, p. 22-25, 日経BPマーケティング (2012/3)
  • nippon.com (2012/5/15): ロボットなのに敢えて人の助けを求める「ゴミ箱ロボット」
  • 『弱いロボット』関連の書評,他
    • 朝日新聞(9/30) 書評(川端裕人)
    • 毎日新聞(9/30) 書評(中村桂子)
    • 週刊朝日(10/16) 週刊図書館 書いたひと
    • 北海道新聞(11/4) 書評(熊谷晋一郎)
    • ロボコンマガジン (2012/11) 書評(大谷卓史)
2011
  • 中日新聞「ロボットは強い味方」(2011/1/1)
  • 中部経済新聞「ロボットとの共生展望」(2011/3/19)
  • 読売新聞「公開シンポジウム」(2011/3/20)
  • 東愛知新聞「夢広がるロボットの数々」(2011/3/21)
  • 東日新聞「蒲郡ミカンのキャラクター」(2011/5/17)
  • 東愛知新聞「蒲郡みかんキャラクター 愛称は「ミーモ」」(2011/5/12)
  • 中日新聞「蒲郡みかんで美肌 ボディーソープ販売開始」(2011/07/08)
2010
  • イッポウ,CBCテレビ (2010/1/4)
  • 中部経済新聞「メディア技術など展望」(2010/3/11)
  • 東愛知新聞「次世代ロボット集合 13日に「ここにこ」でシンポ」(2010/3/13)
  • 東愛知新聞「次世代ロボットプロジェクト 豊橋技術科学大でシンポ」(2010/3/14)
  • 東日新聞「未来志向の17体ならぶ」(2010/3/15)
  • 東日新聞「豊橋技科大は世界レベル」 (2010/3/21)
  • 毎日新聞「蒲郡みかん郵便ポスト」(2010/4/1)
2009
  • 次世代ロボットを福祉現場へ あいROBO応援キャラバン 東愛知新聞(2009/12/15)
  • イッポウ,CBCテレビ (2009/12/14)
  • 「蒲郡みかんロボット、他」、NHK ほっとイブニング (2009/10/30)
  • Robot Watch (2009/10/23):HRP-4Cやパペじろうが活躍する「DIGITAL CONTENT EXPO 2009」開幕〜ロボット、VR、3Dなど未来技術コンテンツを体感できるイベント
  • Robot Watch (2009/10/23):洗濯物畳みロボ、透明ゲルインターフェイス、3D映像など〜「DIGITAL CONTENT EXPO 2009」レポート【会場展示編】
  • 「弱いロボット」能動性引き出す、読売新聞夕刊科学面 (2009/9/24)
  • 長寿革命、読売新聞(2009/8/4)
  • ミカンロボ実用化探る 東日新聞、(2009/7/14)
  • 待ち遠しいミカン型ロボット 東愛知新聞、(2009/7/17)
  • 東日新聞(2009/3/14):10年後のロボットは?
  • 東愛知新聞(2009/3/16):夢と想像力あふれるロボット
  • 毎日新聞(2009/3/16):次世代ユニークロボットを紹介
  • 豊橋ケーブルネットワーク:[ティーズ]HOTステーション (2009/3/17)
  • Robot Watch (2009/3/13):複数ロボットの操作や空間擬人化、笑いの増幅まで〜「インタラクション2009」レポート
  • Robot Watch (2009/2/19):「あいちロボット技術フェスタ」レポート〜大学の先端技術や企・ニの最新製品から学生のコンテストまで
  • 蒲郡新聞(2009/1/28):みかんロボの試作発表
  • 東愛知新聞(2009/1/24):光と会話で心癒す
  • 中部経済新聞(2009/1/24):声に反応 みかんロボ
  • 東日新聞(2009/1/24):ただいま三河弁”勉強中”
  • 中日新聞(2009/1/24):癒しロボミカンの形
  • CBCテレビ『イ・bポウ』(2009/1/23)
2008
  • サイエンスチャンネル:遊びとヒトの科学 、科学技術振興事業団 (2008/5/31).
  • GAZOO:自動車技術会、「2008年春季大会」を開催―安全、環境などテーマにパネルディスカッション(2008/5/29).
  • Robot Watch (2008/5/23):ロボットフォーラム「人と共存する車とロボット」レポート 〜「人とくるまのテクノロジー展2008」内で開催
  • Robot Watch:豊橋技術科学大学 公開シンポジウム「次世代ロボット創出プロジェクト」レポート(2008/3/11).
  • Robot Watch:「インタラクション2008」レポート〜擬人化されたシュレッダー、弱さを武器にするゴミ箱ロボットなど (2008/3/5).
2007
  • Robot Watch:ロボット学会工学セミナー「ロボット・インタラクション・テクノロジー」レポート (2007/3/13).
  • 日経サイエンス(2007/07):分身・鴻{ットと目玉ロボットが物語ること - ユニークなロボットによって、コミュニケーションの本質を探る研究が進んでいる、pp.126-128 (2007/06).
  • ロボコンマガジン(No.52, pp.62-63):メンタル・ロボットに求められるもの、Part III 不思議系ロボットの癒し (2007/6).
  • 日刊工業・V聞ロボナブル 2007.05.22:蒲郡会議所、ホテルなどの接客用“みかん型”癒やしロボ開発へ
  • Super H フォーラム:訪問記:第15回 豊橋技術科学大学 岡田研究室 訪問記
解説・総論
  • 岡田美智男:〈弱いロボット〉研究のめざすもの、人間生活工学、Vol.17, No.1, pp.1-4 (2016)
  • 岡田美智男:〈弱さ〉が持ちうる強さ、教育科学研究会編『教育』、特集1:「弱さ」を見せられない社会、pp.22-29、かもがわ出版 (2016/2)
  • 岡田美智男:「弱いロボット」との交流から見直すコミュニケーション、『心理学ワールド』(小特集:アフォードするロボット)、Vol.70、pp.21-22、日本心理学会(2015/7)
  • 岡田美智男:「弱いロボット」研究からみた関係論的なケアの可能性、『認知症ケア事例ジャーナル』Vol.7, No.4, 一般社団法人日本認知症ケア学会 (2015)
  • 岡田美智男:第5回日本生態心理学会大会報告、生態心理学研究、Vol.8, No.1, 日本生態心理学会 (2015)
  • 岡田美智男:「となりのロボット」(全12回の連載)、すばる、集英社 (2013-)
  • 岡田美智男:書評『進化する魚型ロボットが僕らに教えてくれること』ジョン・H・ロング 松浦俊輔[訳]、週刊文春(文春図書館), (2013/10)
  • 岡田美智男:〈弱さ〉の復権,『すばる』,pp.216-217, 集英社 (2013/2).
  • 岡田美智男:ゴミ箱ロボット—関係論的なロボットの目指すもの、特集:不便の効用を活用するシステム、計測と制御 Vol.51, No.8, pp.753-758 (2012).
  • 岡田美智男:関係論的なロボットとその応用、映像情報Industrial、Vol.44, No.4, pp.78-81 (2012).
  • 岡田美智男:参加メタファに基づくソーシャルインタフェースの研究, SCAT Technical Journal, No.69, pp.4-14 (2010 AUTUMN).
  • 岡田美智男:ヒトとモノの間にあるもの− ロボット研究からの『モノ学』へのアプローチ −、『モノ学・感覚価値研究』 Vol.2 (2008).
  • 岡田美智男:次世代ロボット創出プロジェクト −モノ作り技術者教育のための新たなリソースとして−、HEADLINE REVIEW(知財権・教育)、技術総合誌 OHM、2007・NOV (2007/11).
  • 岡田美智男:「愉しみ」としての身体……次世代コミュニケーション、遊び/遊ばれる、エコロジカル・マインド、『談』no.78 特集:「遊び/愉しみ」のコミュニケーション、pp.55-77 (2007).
  • 岡田美智男:コミュニケーションに埋め込まれた身体性:ロボット研究からのアプローチ,特集:コミュニケーションの身体性 −身体性研究の現在,月・ァ『言語』,大修館書店(2008/6).
  • 岡田美智男:もっと近くに! - ロボットをより身近な存在とするために,ヒューマンインタフェース学会誌,Vol.10, No.2 (2008/5).
  • 岡田美智男:人とロボットとの相互行為とコミュニ・P・[ションにおける身体性、『現代思想』、総特集:メルロ=ポン・eィ, 身体論の深化と拡張、Vol. 36, No.16, pp.300-311, 青土社 (2008/12).
  • 岡田美智男:「とりあえずの一歩」を踏み出すために、精神看護、Vol.12, No.3, pp.66-75 (2009.5).
  • 岡田美智男:ソーシャルなロボティクスと会話分析研究との接点を探る ― 社会的相互行為に立ち会う視点の位置を巡って ―、誌上討論 ― 「聞き手行動・ゥら見たコミュニケーション」、『認知科学』、Vol.16, No.4, pp.487-493 (2009.12).
  • 栗山繁、岡田美智男、竹中司、松島史朗、三浦純:人間とロボットが共生するための空間創出、ヒューマンインタフェース学会誌 Vol.12, No.1, pp.13-18 (2010/2).
特許等
  • 意願2014-026088、データ表示装置、吉川宗志、デシルバ・ラビンドラ、岡田美智男、豊橋技術科学大学、平成26 (2014) 年11月21日.
  • 特許第5636667号、特願2009-254158、情報提示システム及び情報提示・法、岡田美智男、大林真人、塚原裕史、吉澤顕、株式会社デン・\ーアイティラボラトリー、豊橋技術科学大学 (平成21年(2009)11月5日出願、平成26年(2014)10月31日登録).
  • 意匠登録、登録第1363655号、意願2008-015767、コミュニケーションロ・{ット、蒲郡商工会議所、豊橋技術科学大学 (2009/5/29).
  • 意匠登録、登録第1363967号、意願2008-015768、コミュニケーションロボット、蒲郡商工会議所、豊橋技術科学大学 (2009/5/29).
外部研究資金
  • 文部科学省科研費(挑戦的萌芽研究):聞き手との相互行為的調整に基づく発話生成システムの研究
  • 文部科学省 科学研究費補助金 (基盤研究A):知のエコロジカル・ターン:人間的環境回復のための生態学的現象学
  • 文部科学省 科学研究費補助金 (基盤研究B) :関係論的な行為方略を備えるロボットとその関係発達プロセスに関する研究
終了したプロジェクト
  • 文部科学省 科学研究費補助金 (基盤研究B) (2009.4 ̄2011.3):
    「コミュニケーションの「場」に対する構成的理解とその応用に関する研究」
  • 文部科学省 理数学生応援プロジェクト (2009.4 ̄2012.3):
    「TUTオープンチャレンジプロジェクト:オープンラボへの参加に基づくスーパーエンジニア養成プログラム」
  • 文部科学省 産学連携による実践型人材育成事業(2007.4 ̄2010.3):
    「次世代ロボット創出プロジェクト:地域や世代間の恊働による創造的・実践的かつ指導的技術者の育成」
  • SCAT研究費助成 (2007.4 ̄2010.3):
    参加メタファに基づくソーシャルインタフェースの研究
  • 文部科学省科研費 萌芽研究 (2007.4 ̄2010.3):
    関係性発達障害児の療育を支援するソーシャルメディエータの研究
  • 平成19年度教育研究活性化経費(2007 ̄2008):
    次世代ロボット創出を題材とするプロジェクト学習(PBL)型プログラムの開発
  • (財)電気通信普及財団助成(2007):
    関係性発達障害児の療育を支援するソーシャルメディエータに関する研究
  • 平成19年度三菱財団助成金 社会福祉事業 (2007):
    関係性発達障害児の療育を支援するソーシャルメディ・Gータに関する研究